錦織圭を世界へ引き上げた『ゲイブ・ハラミロ』のテニス上達メソッド

紹介動画

 

特徴

  1. グリップ
  2. 構え
  3. フットワーク(アジャストメントステップ)
  4. ボールとの距離感(スペーシング)
  5. ・・・

と基本的なことから細かいところまで16のステップに分けて徹底解説。

外国のコーチにはなかなか習えませんから、メディアを利用して受講しましょう。

リンク

ゲイブ・ハラミロの『Making Champions』 Vol.1 -フォアハンド- & Vol.2 -両手打ちバックハンド- [GJ0001]

ワイパースイングで強烈なショットを身に付けたい方へ〜新井流フルスイングテニス塾

紹介動画

特徴

私が学生時代はまだワイパースイングが主流ではなく、肩の上でのfinishを習いました。
しかし、今は大会にでると皆ワイパースイングで強烈なスピンをかけフルスイングでコートにねじこんできます。(特に若い選手)

回転がかかり、入るとわかっているのですから、思いっきり打てますよね。

試合中ビビりながら打つのではなく、思いっきり打って楽しみたいですよね。

そんな方へお勧めです。

リンク

新井流フルスイングテニス塾 ~『ワイパースイングZERO』フォアハンド編~ [AT0012]

新井流フルスイングテニス塾 ~ボールを叩きこむ!実戦ワイパースイング フォアハンド編

新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス

新井流フルスイングテニス塾 ~攻撃力がアップするフォアハンド・両手打ちバック編

埼玉のカリスマコーチが教えるダブルスにおける邪悪な配球術

紹介動画

特徴

一度実際のレッスンを受講させていただいたことがあります。(地元なので)

ポイント練習中ほんの数ポイントへ私の癖を見抜き、私の好きなボールを打ってきてくれませんでした…

『相手の能力を出させずに、自分のプレーをして勝つ!』

自分より強い相手に勝つにはできなければならない作戦です。

コーチはもちろん技術も高いですが、配球も抜群に邪悪!?なので数々の大会で優勝をかざれるのでしょうね。

クレバーな配球を身に付けたい方へおすすめです。

リンク

【テニス】ダブルス戦術らくらくマスタープログラム│ダブルスの試合で対戦相手をコントロールし、試合を支配する戦術『邪悪な配球』の秘訣を教えます!

試合の勝ち方にフォーカスした教材

シングルスの勝ち方、ダブルスの勝ち方を論理的に指導してくれる教材。
映像だとつい打ち方の方に注意がいって、戦術面が頭に入ってこないという私のような方によいかもしれません(笑)

PDFファイル配信ということで、教材費もお安め!!

リンク

「勝利を阻む7つの勘違い」シングルスで勝てない理由は、間違った常識にあった!

日本を代表するダブルスプレーヤーがダブルスを指導してくれる!

紹介動画

日本で超有名なダブルスプレーヤーが直々にダブルスのポジショニング、配球、有効なボールスピード等を解説してくれています。

ダブルスの奥深さを知り、強くなりたい方におすすめです。

リンク

テニス・ダブルス上達革命~ダブルス特化の練習法・指導法~【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組

脱力テニスで上達!脱力による効果、脱力する方法を解説

紹介動画

多くの人が悩んでいる『打つ時の力み』を解消するノウハウが詰まった内容です。

アマチュアテニスにおいて、ミスの原因の大部分は『力み』だと言えます。

もしも打つ時に『力み』が無くなったとしたら、どれだけ良いプレーができるでしょうか?

このDVDでは、誰でも力まずに『脱力』したプレーができるように、しかもすぐに実践で役に立つように分かり易く解説しています。

リラックスした流れるようなプレーを目指している方必見のDVDです。

リンク

脱力テニスを身につけるために欠かせない3つのポイント〜姿勢・脱力・視線の技術

 

まとめ

いくつかオススメの教材をご紹介しました。

一つ注意点として、コーチがこう言っているからと、アドバイスを全て鵜呑みにするのではなく、自分の感覚に落とし込み練習することをお勧めします。

自分の感覚に落とし込むとは、頭の中で腕の振り方等を意識して打つのではなく、コーチのアドバイスを感覚的にスッと引いてドンと打つ(?)みたいに掴んでから練習するということです。(余計わかりにくいか…)

頭で打ち方を考えるテニスは試合で良いパフォーマンスを発揮できない原因となりますから、感覚で掴むことを推奨します。長嶋さんのように。