ラケットフィーリング インタビュー CX200編

SRIXONからDUNLOPブランドに変わった(戻った)初代モデルです。

昔のDUNLOPファンが続々と戻って来ている印象があります。

DUNLOP特有の柔らかさが好きなんでしょうね。

インタビューした人のプレースタイルと感想をご紹介します。


試合で対戦したオールラウンダーHさん

サービス・ストローク・ボレー全部卒なくこなすオールラウンダー。

攻めどころが見つからず苦労しました。

そんなHさんにCX200LSの使用感をインタビューしました。

使用ラケット:CX200 LS

管理人

あっ新しいラケットですね。

どんな感じですか?

Hさん

やっぱり「咥え込む」感覚が良いですねー

芯を食った時の感覚は最高です。

管理人

ですよねー。

それはCX200ですか?TOUR??

Hさん

これはちょっと軽い、CX200LSです。

Hさん

でもトップヘビーなので結構重く感じます。

これの前はピュアストライクを使っていたんですが、そっちの方が重さは感じませんでした。

管理人

なるほどー。

他にピュアストライクとの違いってありますか?

系統が似ているので、Hさんのように乗り換える人多そうですよね。

Hさん

ピュアストライクに比べて、弾道が上がらないですね。

アジャストにちょっと時間がかかりました。

管理人

参考になりました!

ありがとうございます。

テニス上達のヒントを凝縮
「テニス上達のネタ帳」

自身の経験を元に試合に勝つための考え方、テクニックを「ネタ帳」としてまとめました。