リズムに集中したテニスで試合参戦〜インスピ結果

週末にインスピリッツの草トーに参戦してきました。

元旦にインスピリッツの大会で惨敗してから色々改善を試みて練習してきました。

リベンジできるか!?

惨敗記事 2016年初テニス〜インスピリッツで初打ち初試合 安定感の鍵として『ボールのリズムと同調することに集中する』ということを意識して最近ちょっといい感じです。

リズムに集中した練習だけでは試合で実際に使えるかわかりませんし、テニスオフ等で行う試合練習ともプレッシャーのかかり方が違うので定期的に草トーに挑戦するようにしています。

さて、昨日は15名、4ブロックで1位抜けが決勝トーナメント出場というルールです。


第1試合:6-1

出だしは好調。

普段の練習相手より緩い球を打ってくる相手でした。

普段のテンポと異なる緩い球に対して、自分のスイング?タイミング?が合わずにミスを重ねてしまうことが多いのですが、ボールとのリズム同調作戦で安定してラリーを展開できました。

相手が攻め急ぐ展開となりミスをしてくれたという感想です。

第2試合:6-2

直線的なサービスを打ってきて、ドロップを多用する、ちょっと変則的な相手。

試合序盤は直線的なサーブに対して、タイミングをとり安定して返そうとしていたのですが、ガシャりが多くいまいち安定感がありませんでした。

そこで、直線的なサーブに対し、タイミングだけ合わせて身体でブロックする?というイメージ、要は回転とか考えずに素直にラケットに当てたところ安定してきました。

次にドロップショットに対する処理。

下手クソすぎますね。ネットしたり、アウトしたり・・・ 普段練習しないからなぁ・・・

センスがないので、練習でカバーするしかありません(泣) これは課題です! なんとか予選ブロック突破。

第3試合:5-6

決めきられたー。

自分からのミスを抑えることはできましたが、だんだん球が浅くなり、決めきられてしまいました。

浅い球をミスしてくれると助かるのですが、そんな甘くありませんでした。

安定して深く返球しないとやられてしまいますね。 これも課題!!

総括

負けはしましたが、どうしたら良いか分からない負けではなく、次こうしようと先がある負け方だったので、まぁいいか。

課題

  • ドロップショットに対する処理
  • ストロークを安定させつつ、深さもキープする

最後に

肩が痛すぎます… 今週どこかで治療しに行きます。

あっこれも課題。 肩の治療!

お知らせ
テニスの試合に勝ちたい人へ向け、勝つためのヒントを「ネタ帳」としてまとめました。 試合に勝ちたい!と強い思いを持っている方は是非確認してみて下さい。

関連記事はこちら

人気カテゴリー