地味だけど効果は絶大!壁打ちでスマッシュを練習する方法

一時期スマッシュ強化キャンペーンを自身で開催した時に行った練習方法をご紹介します。

近所にある壁でキャンペーンを開催しました。

普段の練習ではなかなか時間を割けず技術や感覚が定着していないので、試合で自信を持って打つことができません。

それをなんとか打開する為の一人でもできるスマッシュ強化方法です。


壁打ちスマッシュとは?

壁打ちスマッシュ

図のように壁の前でバウンドさせ、反射を利用しロブもどきをあげてスマッシュです。
地味ですがなかなか効きます。

壁打ちスマッシュのコツ

  • 狙ったポイントへ確実に落とす

この練習はスマッシュの確率をあげ、ポイント獲得率をあげるための練習です。
ですので、球の勢いではなく狙ったポイントへ打つ技術を磨きます。

この壁打ちスマッシュは狙った場所に落とせないと、反射角の問題で次に繋がるロブが上がってきません。

長く続ける為に自然とコントロールが身についちゃいます。

  • ボールのリズムに合わせる

自分が打球する音、地面に当たる音、壁に当たる音と自分のフットワークのリズムを同調させます。

要はタイミングです。

タイミングさえ掴めればポイントを狙うのは難しくありません。

壁打ちスマッシュの応用技

壁の手前のバウンドポイントを狙えれば、ポイントを変えるだけでロブの種類が変えられます。
そこで種々の高さ、深さのロブを調整しスマッシュを打てれば、試合で必ず使えるようになります!

管理人
私はスマッシュのフットワークを練習するため、高いロブが上がるように調整し一度打点より下がってから前へ移動しながら打つメニューをたくさん行いました。

インパクトへ向けて徐々にタイミングを合わせる方法です。

そのおかげ?でチャンスボールのスマッシュミスが激減しました。

壁打ちスマッシュの注意点

壁打ちでいくら特訓して打てるようになったとしても、対人でのロブ&スマッシュを怠ってはいけません。

壁で高さを調整しても、自分で調整しているので、準備の初動が対人と異なってしまうからです。

壁打ちはあくまで闇練です。

まとめ

闇練/練習で打てる自信を養い、実戦に臨みましょう。

最初は実戦でミスをするでしょう。しかしあきらめず挑戦すれば決められるようになります。(と信じてます)

プロだってたまにミスってるんですから、一般人の我々ならもうちょいミスっても大丈夫です(そうなのか!?)

完璧を求めずだんだん確率を上げられるよう、闇練+練習+実戦でスマッシュを上達させましょう!

関連記事:スマッシュで確実にポイントを取るためのコツ

関連記事はこちら

人気カテゴリー