サービスを活かして有利に展開する方法〜右利きアドサイド編

先日まで自分への確認を含めたサービスの注意点を記事にしてきました。
引き続きアドサイドでのサービスのポイントを確認したいと思います。



サービス

デュースサイド同様緩急をつけることで相手に4種類あるぞということを植え付けることができます。

右利きでワイドを確率良く狙うとするとキックサービスですね。
ジョコビッチが得意としていますよね。

コースを読んでいてもここまで弾んで、しかもコートの外に追い出されてはひとたまりもありませんね。

ではこの戦術私達には無理でしょうかね?

ジョコビッチと同じ球というのは無理ですが、相手をワイドに追い出すことは練習次第で可能です!

相手をコート外へ追い出すキックサービスを打つコツ

  1. ネットの上を通す
  2. ボールのスピードは求めない
  3. フォロースルーは右方向へ
  4. 腕は脱力しスイングスピードを出す

1と2

物理に当然といえば当然なのですが、試合中ヒートアップ🌀してくると思わず忘れてしまうので(私だけ!?)ポイントとします。
回転を多くかけるので、スピードは犠牲になります。
高いところから落ちた方が高く弾みます。

右方向へフォロースルーをとるコツは体の開きを抑えることです。
体の開きを抑えた状態で腕をいつも通り自然に振れば右へ抜けますよね。
腕の力で無理に右へ持っていくと肩を壊します⚡ので、腕は自然に振りましょう。

先日の記事にも載せた動画をご覧下さい。


軽く投げてるように見えますけど、ものすごい飛距離💨ですよね
腕に力みがあるようには見えません。

腕はこの状態が理想と思います💡

ここまではキックサーブで相手を追い出す方法でした。
さて私の練習相手はこのキックサーブを打ってくる相手が多いです。
皆さんの相手はどうでしょうか?

冷静に考えるとアドサイドからスライスでセンターにエグく打ってくる相手はあまりいません。

私自身もキックの方が得意です。
これはもしかしてチャンスかもしれませんね。

あまり他の人がやらないことをできるようになると精度が高くなくても武器になり得ます。
しばらく意識して練習してみようと思います!!

まだコツをご紹介できる段階ではないので、体得したらご紹介します。

最後にサンプラスの芸術サービスをどうぞ

アドサイドからのセンターへのサービスは本当にすごいですね。

 

お知らせ
テニスの試合に勝ちたい人へ向け、勝つためのヒントを「ネタ帳」としてまとめました。 試合に勝ちたい!と強い思いを持っている方は是非確認してみて下さい。

関連記事はこちら

人気カテゴリー