【HONDA】シャトル ハイブリッド 2600km レビュー

昨年末プレマシーから乗り換えたシャトルハイブリッドが3ヶ月2500kmを超えた為、ここまでの平均燃費や、乗り心地について評価をしてみたいと思います。

乗り換えたてはサイドブレーキの位置の違い(シャトルはフットタイプ)や、ブレーキングの感覚の違い等で少し戸惑いもありましたが、違和感がなくなってきました。

大分慣れてきたところで、ほんの少しの試乗では気づきにくいかも!?という点を記事にしてみようと思います。


シャトルハイブリッド

 

シャトルハイブリッド 2600KM 走行レビュー

平均燃費

20.6km/l

高速、渋滞、幹線道路、細い抜け道、砂利道、全てあわせてこの燃費です。X(グレード)はカタログ上32.0km/lですので遠く及びませんが、20km/l走ってくれれば大満足です。

乗り換えてから夏を迎えていないので、もしかすると20km/lを下回ってしまう可能性があります。

シャトルハイブリッド

インテリア

(奥様に黙って)オプションでつけたスポーツペダルがお気に入り。

足元は正規のラバーマットを選びました(汚くてすいません)。雨の日でも強気で車内に入れます。

そしてセンターにあるドリンクホルダー?は、やはり深すぎ。タンブラーでさえこの状態です。

フィット派生の割には安っぽくないインテリアであると思っています。

シャトルハイブリッド

積載容量

最大でご覧の広さです。先日ダイニングテーブルを運ぶ機会があったのですが、問題なく載せられました。間口もプレマシーより広く、扱い易いです!

4人家族なので、普段は後部座席が上がっていますが、それでも買い物の荷物、旅行の荷物は問題なく載せられます。5人以上のご家族は狭いかもしれませんね…

4人以下であれば、広々乗れると思いますよ。

シャトルハイブリッド

ちょっと物足りない残念な点

エンジンブレーキが弱い

プレマシー時代は減速時にパドルシフトでシフトダウンしてスピードを調整していて、シャトルでも同じように操作をしたのですが、全然効きません。

ショッピングセンターにある螺旋駐車場の下りはフットブレーキを踏まないとスピードが出すぎてしまいます。ちょっと残念…

スライドドアは便利

ちょっとずれててすいません。
こちらは重々承知で購入したつもりですが、やはりスライドドアは便利ですねー。

狭い駐車場が多いので、幅をとらずにドアが全開してくれる便利さ、ありがたいです。

まとめ

シャトルの乗り出しの感想をまとめてみました。

他にもシャトルハイブリッドに関する記事を書いていますので、興味があったらのぞいてみて下さい。

ご自分でコーティングをやってみたい方はこちらのコーティング剤がおすすめ。

自分の車にあったコーティング剤を「プロに相談」してから購入できるのが魅力です。

→本格派車ガラスコーティング剤

車の高価買取なら
どんな車でも0円以上の買取保証。
長年乗った車、事故車など他では値段がつかない時に是非使ってみて下さい。 全国100社以上の一括査定が可能な、高価買取システム。
さらに成約すれば楽天ポイントが「1500ポイント」もらえます。

関連記事はこちら

人気カテゴリー