アンドレイ・ルブレフ選手の使用ラケットやプレースタイルを動画と共にご紹介

2020年「ATPアワード」に選出されたアンドレイ・ルブレフ選手。

ATPアワードとは、記者や選手達の投票によって選ばれた、その年顕著な活躍をした選手に贈られる賞です。

2020年はツアー5勝を挙げ、2021年のATPカップでは全勝を収め、自国の優勝に大きく貢献しました。

そんな急成長中、ルブレフ選手の、

  • プロフィール
  • 使用ラケット
  • プレースタイル

を動画を交えてまとめてみたいと思います。


プロフィール

アンドレイ・ルブルフ プロフィール
  • 身長:188cm
  • 体重:75kg
  • 生年月日:1997年10月20日
  • 国籍:ロシア
  • 利き腕:右(両手バック)
  • ATP公式選手ページはこちら

メドベージェフと同胞、同年代のライバル。

そのうちトップ1・2を二人で争う日も来るかもしれません。

ロシアテニスを支えている選手です。

主な戦績

2020年
  • カタール・エリクソンモービル・オープン(ATP250/ハード)優勝
  • アデレード国際(ATP250/ハード)優勝
  • ドイツ国際オープン(ATP500/クレー)優勝
  • サンクトペテルブルグ・オープン(ATP500/ハード)優勝
  • エルステ・バンク・オープン(ATP500/ハード)優勝
2021年
  • 全豪オープン(グランドスラム/ハード)ベスト8
  • ABNアムロ世界テニス・トーナメント(ATP500/ハード)優勝

2021年全豪では同胞のメドベージェフにストレート負けを喫してしまいましたが、グランドスラム過去最高成績を収めています。

プレースタイル

鬼のようなスイングスピードで打ち抜く超攻撃的なフォアハンドを武器に、ストロークで攻め倒していく、アグレッシブベースライナー。

少しでも甘くなるとフォアハンドでポイントが取れてしまう攻撃力があります。

過去のロシアのスーパースターである、カフェルニコフやサフィンらと同様に、フラットドライブ系のキレのあるショットが特徴です。

こちらの練習動画でも分かる通り、一球入魂のファイター型。

使用ラケット

Embed from Getty Images

 

2021年全豪オープンでは黒塗りラケットで、メーカーのステンシルも入っていないラケットを使っていました。

中身はHEADのグラビティだそうです。

2021年から使用開始となりました。

なぜ黒塗りなのかは良くわかりませんし、黒塗りに見慣れてしまった感もあるのですが、この綺麗な配色のラケットをぶん回しているところも見てみたいですね。

参考

グラビティのインプレはこちらです。

Gravity MP

【HEAD】Gravity(グラビティ) MP インプレ〜Liteとの違いは?

試合動画

鬼フォアハンド特集

ものすごい威力で見ていてスッキリします。

2021年ロッテダム決勝

 

フクソービッチとの対戦動画です。

しっかり構えてからの1発もあるし、カウンターで合わせるのもうまい!

まとめ

以上、アンドレイ・ルブレフ選手の特集でした。

2021年はグランドスラムや、マスターズでタイトルが取れるかが注目です!

若手選手同士の凌ぎ合いも見ものです。

メドベージェフとの同胞ライバル対決も今後増えていきそうで楽しみですね。

今後の活躍を応援しましょう!

アンドレイ・ルブレフ選手 Q&A

  • ルブレフ選手のプロフィールは?

ロシア国籍、188cm、75kg(ATP公式サイト情報)。右利きで両手バックを打つ選手です。(詳細はこちらの記事をご覧ください)


  • ルブレフ選手の主な戦績は?

2020年はATP500大会で5勝を挙げ、「ATPアワード」を受賞。2021年もATPカップで全勝を上げロシアの優勝に大きく貢献しました。(その他の戦績はこちらの記事でご確認ください)


  • ルブレフ選手のプレースタイルは?

フォアの破壊力が抜群で甘くなるとどこからでも1発で仕留める威力があります。ロシアっぽいフラットドライブ系のボールを武器に戦うアグレッシブベースライナーです。(詳細はこちらの記事をご覧ください)


  • ルブレフ選手の使用ラケットは?

2021年からヘッド社のグラビティを使用しています。グラビティのインプレはこちらの記事をご覧ください。

テニスのLive中継見るなら
テニスをLiveで観戦したい方に向け、「WOWOW」「DAZN」の配信内容とサービス内容を比較しました。

加入を検討している方は目を通してみて下さい。

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー