【ニトリ】Nスリープ(ハード) の使用感・寝心地をレビュー

今回は布団についての記事です。

最近起床時に「身体が重い」「疲れがとれない」という症状に悩まされていました。

使っている布団は、このブログを始めて間もないころに購入した西川のエアーです。

当時のインプレ記事はこちら🔽

西川air03

西川エアー 1ヶ月使用レビュー

気づけば6年選手になり、腰の部分が凹んできてしまっていたので、寿命と判断して新調することに決めました。

西川エアーの寝心地はとても良くて気に入っていたので、同じものでもよかったのですが、もう少し耐久性があったら良いな、という願望もあり、とりあえず「ニトリ」へいってみることに。

前情報として「Nスリープ」の良い評判を聞いていたので、実際どんなものか体感してみたくて。。

結果から言うと、西川エアーとはすこし寝心地は違うもののコンセプトは一緒で、寝やすいし、耐久性もありそうということで購入に至りました。

本記事では、

  • Nスリープの特徴
  • 購入を決めたポイント
  • Nスリープ組み立て方(開封の儀)
  • Nスリープの寝心地
  • Nスリープの口コミ

についてまとめていきたいと思います。

Nスリープに興味のある方は読んでみて下さい。


Nスリープの特徴

最大の特徴は体圧分散性に優れた「ポケットコイル」が使われているというところです。

スプリングが細かく独立しているため、体を「点」で支えることができます。

よって体のラインにフィットしやすくなり、結果、特定の場所に圧力がかからなくなって心地良い眠りにつくことができるようになります。

マットレスの硬さも豊富なラインナップになっています。

好みの硬さは人それぞれですから選択肢が多いのはありがたいです。

Nスリープラインナップ

 

これはニトリの店員さんにから聞いた話なのですが、通常のベッドメーカーでポケットコイルのマットレスを購入すると10万は下らないみたいです。

それがニトリではリーズナブルに購入することができるのもメリットですよね。

購入を決めたポイント

店頭で仰向けに寝たときは少し柔らかいかなと思ったのですが、横向きで寝たときに良さを感じました。

どんな良さかというと、肩~腰に掛けて体圧が分散されて、肩の負荷が軽いんです!

気づくと横向きに寝ていて、肩回りがバキバキになって目が覚めるということも多々あったので、これなら楽になりそうだ!と思い購入を決意。

横向きを重視してみました。

Nスリープ組み立て方(開封の儀)

ぼくが購入したハードタイプ(H2-02CR)は2層式なので、ベース部とトップ部に分かれて梱包されていました。

  1. 段ボールから出す(この時点では丸まってます)
  2. 外カバーを外して平面に
  3. 内カバーを外して空気を取り込む

ざっとこの3手順です。

ベース部、トップ部それぞれ行い、最後はベースの上にトップを乗っけて終了。

非常に簡単です。

どんな感じなのか、簡単な動画を作ったのでよかったらご覧ください。

Nスリープの寝心地と睡眠の質

自宅でじっくり横になってみると、店頭で柔らかいと感じたのが包み込む感覚になって非常に心地よいです。

独立したスプリングの影響かベッドと身体の接地面積が広がった感じで、身体の負荷も軽いです。

横向きになっても肩に負荷が集中することがなく、快適です。

結果、眠りが深くなったのか、起床時のスッキリ感がアップし目覚めがよくなりました。

昼寝も一緒でシャキッとリフレッシュできます。

当然身体のつっぱりも軽減していて、眠りの質が良くなったと思っています。

Nスリープの口コミ

コスパの良さを感じている人が多いみたいです。

一部の方は柔らかすぎと感じている模様。

腰痛持ちの方は自分に合うかじっくり試してから購入したほうが良さそうですね。

まとめ

以上、ニトリのNスリープ(ハードタイプ)のインプレッションでした。

ぼく的には身体にあっていて、快眠生活をおくれています。

包み込まれるような寝心地が好きな方はぜひ試してみて下さい。

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー