【超基本】ゲーム中「半歩」早く動き守備範囲を広げる方法

テニスのゲーム中(特にシングルス)、

  • あと半歩広く動けてれば自分の体勢で打てるのに・・
  • あと半歩早く動けていれば取れそうなのに・・

と感じたことありませんか?

▶️ エースを取られるわけではないけど、構えて打つことができず、返すだけになってしまいポイントを奪われる

とか、

▶️ 相手の返球テンポが早く、反応が遅れて劣勢になる

という状況です。

先日のシングルスマッチ練まさにこういう感じで、非常に苦しみました。

途中自分なりに状況を分析し、「とある意識」を変えたところ、展開の改善がみられました。

この「意識」、絶対に誰でも習う超基本的なもので、「初心忘れるべからず」を実感。

今回は、この「意識」がどんなもので、どのような効果を感じたかをまとめてみたいと思います。


ボコられている時の状態

この日の相手は良く練習してもらう方。

良いボールを打ってきますが、すごすぎて返せないということはなく、ラリー練習は普通に成り立ちます。

ですが、ゲームでラリーの展開になると一方的にやられてしまうんです。

傾向として、私の方が先に体勢を崩されて返球が甘くなってしまい、失点してしまいます。

一方相手は、こちらが振っても体勢を崩さず、しっかり構えて打って返してきて甘いボールがきません。

この差が「一方的な展開」に結びついていると、ゲーム中に認識しました。

こんな風に意識をかえてみた

jim-sung

状況を変えたくて、以下のような感じの分析をしてみました。

Q.何故体勢が崩されちゃうのか?
▶️ボールにたどり着くのが遅い

Q.何故遅いのか?
▶️走るのが遅い(でも急に早くは走れないので却下)
▶️反応が遅い

Q.何故反応が遅いのか?
▶️自分の打球の行方が気になっていて見てる

管理人

自分の打球を見てる・・・!?

管理人

ん!?あっ、これか!!?

こんな感じで、原因と思われる事象に気づけました。

見ているといってもゼロコンマ何秒といった一瞬だと思いますが、この一瞬を大事にして「半歩」多く動けていれば、展開が変わるかも、

という期待が膨らみます。

「じゃあどうするか・・・?」と対策を考え、

「打ったらすぐ次の準備をする」

というテニスを始めた初日に言われそうな、超基本項目を意識することにしました。

準備とは、

  • ポジションへ戻る
  • 相手がどこへ打ってくるか予測する

こんな感じです。

意識を変えて気付いたこと

あれだけヒイヒイしていたのに、準備を早くし予測をすることで、少し余裕が感じられるように。

自分が打ったら、意識の対象をすぐに相手に移します。

すると相手のことが良く見え、予測もしやすい。

意識を変えてプレーをしてみて、この一瞬の重要性、半歩の重要性に気づくことができました。

展開はどうなった?

相手コートへ返すのが精一杯でヒイヒイしていたのが、ラリーが長くなりポイント終了後にはハアハアするくらいの打ち合いとなる展開に変わりました。

ヒイヒイからハアハアへの変化です。

こちらの守備範囲が広がったのか、体勢を崩すことが減って一方的にやられることがなくなった印象です。

たった「半歩」の違いですが、対等にゲームができてる感覚が持てました。

結果的には、3-6だったんですけど・・(手応えはあった)

まとめ

「打ったらすぐ次の準備」

今後も一方的にやられている時のチェックポイントとなりそうな「重要項目」です。

いまさらながら、改めて大事さを痛感。

やはりテニスは奥深いです。

「守備範囲を広げたい」という願望がある方で、この意識を忘れていた方は、次回の練習で試してみて下さい。

きっと効果を感じられると思いますよ!

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー