【草トー王直伝】勝てるダブルスを組み立てる5つのポイントと練習メニュー例

先日受講してきた「草トー王」のダブルス講座。

目標としているステージにあと一歩届いていないので、なにか上達のヒントを得たくて申し込みました。

受講結果は大満足できるもので、上級者が試合中意識していることが少し理解できました。

レッスンでいただいたアドバイスのなかで、心に突き刺さったのが次の5つ。

  1. 判断スピードを上げる
  2. どこにでも打てる状態を作る
  3. ラケットの高さをボールに合わせて準備
  4. 凌ぎのスライスはもっと遅い方が効果的
  5. クロスを狙ったパッシングのサイドアウトはバックアウトと同義

①,②はポジショニング、③はボレー、④,⑤はストロークでの改善点です。

受講内容を忘れないよう、技術別に詳細を整理していきます。

私のように球威で勝ちきれない人には参考になると思います。


ポジショニング

ダブルスに限らず、テニスではポジショニングは重要で、これができていると以下のようなメリットがあります。

  • 最小限の動きで対応が可能となり、スタミナが温存できる
  • 「あいつ、どこに打っても居る」というプレッシャーを与えることができる
  • 打つ前のタメが作りやすい

じゃあどうやって良いポジショニングが取れるのかというと、「判断を早くする」ことが重要になってきます。

判断スピードを上げるため、こんな練習メニューを行いました。

ダブルス練習メニュー

図のようにボレー2人、ストローク2人入ります。

このメニューには縛りがあって、

  • ボレーヤーはネット前でワンバウンドさせてはいけない
  • ロブは2バウンド以内で返さなければならない

このルールを守ります。

実際やってみると、相手のモーションからくる球を「予測」し、先に動き出すくらいの心構えでないと間に合いません。(特に浅い球)

頭の中はフル稼働という感じです。

普段がいかに「来るボールを待っているプレー」なのかを痛感しました。

判断スピードを上げ、良いポジショニングがとれてはじめて、

「どこにでも打てる状態」

が作れます。

これを目指して練習を積むことが必要そうです。

ボレー

草トー王

管理人さん、ボレーのボディーターンは良いけど、ラケットの位置がちょっと良くないですね・・

管理人

ん?といいますと・・・?

草トー王

ボディーターンと同時にラケットもボールの高さに合わせましょう。

今は大げさに言うと2段階、ボディーターンしてラケットセットになってるので、一緒にしちゃって下さい。

という訳で実践してみると、余裕が生まれてミスヒットが減るではありませんか!

ナイスアドバイスありがとうございます。

ストローク

こちらはコーチとのボレーボレーでの出来事。

以下の図のように半面でのボレストで、私がストローク。

ダブルス練習メニュー

状況的には、ボレーヤーをちょっとセンターへ寄せて、オープンコートを作り、低めだけど踏み込んで打てる絶好のボールがいらっしゃったとこ。

ここで私はクロスへスピードのあるボールで仕留めようと気持ちよくスイング!

結果サイドアウト!

ここでコーチからの助言が。

草トー王

今のはサイドアウトじゃなくてバックアウトです。

草トー王

今の打点であのコースを狙うならもっと回転をかけて落とさないとコートには収まりませんよ。

管理人

なるほど・・・確かに・・・

この助言も刺さりました。

実戦でもやりがちなミスで、これまでは「ちょっと狙いすぎたか」くらいの気持ちでしたが、そもそも狙いが雑で大して狙っていなかったんですね。

もし球出しで、上記のような場所を狙って打つとなれば、あんなに強くは打ちませんから。

回転をかけて落とすコントロールをすると思います。

冷静にショットをコントロールするスキルを磨いていく必要があります。


また、深いボレーに対するスライスの処理についても、

草トー王

返ってくるボールが素直でこっちとしては返しやすいですね。

もっと遅い球の方が嫌です。

このアドバイス後に試してみたところ、時間も稼げるんで、自分も少し楽になります。

差し込まれるとつい、「早く返さなきゃ」と焦ってしまうので、勇気をもって遅いボールを返すことに慣れていかないといけませんね。

まとめ

レッスンを受講し、上級者は常に「考えて」プレーしている、ということが良く分かりました。

一応私も考えてプレーをしていたつもりですが、「抜ける時間(来るボールをただ返すだけの時間)」が明らかにあって、その辺から流れを失ったりしている節があることに気づきました。

アドバイスを生かして、上達していきたいと思います。

レッスンしていただいたコーチ監修のDVD

ダブルス戦術らくらくマスタープログラム│ダブルスの試合で対戦相手をコントロールし、試合を支配する戦術『邪悪な配球』の秘訣を教えます!

担当してもらったコーチ監修のDVDです。

相手をコントロールする配球術が収められています。

強いダブルスを目指す方におすすめです。

>> 公式サイトはこちら

関連記事はこちら

人気カテゴリー