【HEAD】スピード(SPEED) 2020 新作情報 グラフィン360+

全豪オープン2020でチラチラお目見えしていた、ヘッドの新作スピード。

スピードといえばジョコビッチ選手使用モデルというイメージが強烈ですが、他の選手も多く使用しています。

今度の新作は流れからして、

グラフィン360+が搭載されるんだろうなぁとか、

カラーリングは現行「グラフィン360スピード」シリーズのリバース??

と妄想を膨らませていました。

そんな中ついに情報が公開され、詳細が明らかになってきたので、

  • デザイン
  • 搭載テクノロジー
  • ラインナップ

について整理していきたいと思います。


デザイン

グラフィン 360+スピードデザイン

現行のリバースみたいですね。

ということは他シリーズも新作はリバースになるのかな・・・?

搭載テクノロジー

  • グラフィン360+
グラフィン360+

グラビティや最新のプレステージに搭載されている、「グラフィン360+」が搭載されてきました。

シャフト部とフレームの「12時」「3時」「9時」に配合されたグラフィン に加え、「5時」「7時」の部分にスパイラルファイバーを搭載させ、

「優れたエネルギー伝達性」と「高いフレックス」、「クリーンな打球感」を実現してくれます。

グラフィン360+を搭載したプレステージは、イメージより飛ぶ印象がありました。

スピードシリーズは、「回転」「パワー」「コントロール」のバランスが良いラケットで、今回スパイラルファイバーが新たに搭載されたことで、どの様に変わるのか気になるところです。

ラインナップ

ラインナップ詳細
  • SPEED PRO
  • SPEED MP
  • SPEED MP LITE
  • SPEED S
  • SPEED LITE

の5機種展開となる模様です。

それぞれの詳細スペックはこちら。

G360+ SPEED PRO
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
310g 100平方inc 27inc 23mm 18×20 315mm

 

G360+ SPEED MP
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
300g 100平方inc 27inc 23mm 16×19 320mm

 

G360+ SPEED MP LITE
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
275g 100平方inc 27inc 23mm 16×19 330mm

 

G360+ SPEED MP LITE
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
275g 100平方inc 27inc 23mm 16×19 330mm

 

G360+ SPEED S
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
285g 100平方inc 27inc 25mm 16×19 320mm

 

G360+ SPEED LITE
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
265g 100平方inc 27inc 25mm 16×19 340mm

MPやSが興味深いですね〜

まとめ

以上、ヘッド スピード 2020年モデルの詳細情報でした。

オールラウンドに扱いやすい万能ラケットなので打つのが楽しみですね。

追記

新作をガッツリ打ちました!

インプレはこちらです。

head speeds インプレ

【HEAD】G360+ SPEED(スピード) S インプレ【2020モデル】

2020-02-23
参考情報

グラフィン360スピードのインプレはこちらです。

グラフィン360スピード

【HEAD】グラフィン360 スピードMP インプレッション

2018-06-21

予約始まりました

G360+ スピード Q&A

  • スピードってどんなラケット?

ジョコビッチ選手使用モデルで、コントロール性、反発(パワー)、回転性のバランスが良くオールラウンドに扱い易いラケットです。(詳細はこちらの記事でご確認下さい。)


  • G360+スピードの特徴は?

従来のグラフィン360に加え、フレームの「5時」「7時」の部分にスパイラルファイバーが搭載され、よりパワーロスをしないフレームになっています。(詳細はこちらの記事をご覧下さい。)


  • G360+スピードのラインナップは?

「スピードPRO」「スピードMP」「スピードMP LITE」「スピードS」「スピードLITE」の5機種展開です。(それぞれの詳細スペックはこちらの記事をご覧下さい)


  • G360+スピードの感想は?

インプレはこちらです。(「G360+スピードS」)

ラケット選びのヒント
これまでたくさんのラケットを打ってきた経験を生かし、主要メーカー人気モデルの比較表を作成しました。

皆さんのラケット選びの一助になれば嬉しいです。

関連記事はこちら

人気カテゴリー