ラケットにスピン性能を求めるならこれ!おすすめベスト3

                           

最近のラケットは素材や技術の進化でボールが飛ばしやすくなっています。

でもテニスはコート内に収めないと失点してしまうスポーツなので、飛ばしやすくなった分回転をかけてコートにねじ込む必要があります。

なので、ボールに回転をかけるという性能はラケットメーカーでも重要視されていて、各社色々なテクノロジーやアイデアを投入してきています。

これまで色々なラケットを打ってきた私が「スピンがかけやすい!」と感じたものから選び抜いた3機種をご紹介したいと思います。

第3位:【YONEX】VCORE SV 100

POLYTOURPRO

第3位はVCORE SV 100です。

フレーム下部の断面をエアロ形状にしてねじれ易さを向上させ、フレーム上部に掴みをよくする素材を配合させている「SVフレーム」が特徴です。

SVフレーム

出典:YONEX

ストリングパターンは16×19で普通ですが、YONEX独特のアイソメトリック形状の恩恵で目が粗めになっている為、よく引っかかってくれます。

反発力も強いので、「擦るスピン」でもいい感じのムーンボールが打てるところも魅力です!

スピンサービスもよく引っ掛かってしっかり跳ねてくれます。

私はこのラケットにポリツアープロ120を張った状態が1番しっくりきました。

ポリツアープロのテンション維持がもっと良ければ最高なんですけどね・・・

とても良いラケットですが、男性には「飛びすぎる」という感想を持つ人もいかもしれません。

第2位:【BABOLAT】ピュアアエロ 2019

ピュアアエロ2019

 

第2位はピュアアエロ2019です。

管理人

前作よりも打球感が柔らかくなり、個人的に好きな打球感でした。

回転性能は前作の通り秀逸でさらに打球感が良くなったので、第2位はピュアアエロ2019に更新しました。

クレーキング ナダル選手使用シリーズとして有名ですね。

Embed from Getty Images
特徴
  • スイートエリアを従来より上部に設定
  • ストリングのマス目を従来より大きめに設定
  • グロメットを楕円型に変更しストリング可動域を70%アップ
  • 進化したコアテックスによるマイルドな打球感(2019モデル新機能)

搭載されている機能の一つに「FSI SPIN」があります。(特徴にあげた上3つが該当)

FSI SPIN

出典:BABOLAT

FSI SPINとラケットの特徴であるアエロ形状のフレームの恩恵で、スイングが非常にしやすく回転をゴリゴリかけることが可能です。

スライス系ショットでも打ち易さを感じました。

ただ、それほど反発力は強くないので、「擦るスピン」だと推進力のないひ弱なショットに・・

ラケットの上部でボールをぶっ潰しながら回転をかけるようなプレーをする人の頼れる相棒になってくれると思います。

管理人

縦回転のスピン性能のみでなく、振り抜きの良さや、スライス回転の掛けやすさ等をトータルしてNo.2にしました!

第1位:【Wilson】バーン100S CV

第1位はSPIN EFFECTと呼ばれる思い切ったスペックを発表したWilsonのラケット、バーン100S CVです。

ストリングパターン18×16という目の粗さが特徴です。

目を粗くすることでストリングのスナップバックを最大限に生かして回転をかけようというコンセプト。

その引っかかりはものすごくて、回転を自在に操れるようになったと勘違いしちゃうくらいボールを変化させることができるんです。

思いっきり回転をかけると「チェリ!?」という普段聞き慣れないような打球音を奏でます。

そしてラケットに反発力があるので、バウンド後に伸びるムーンボールを打つことができました。

スライス回転よりも順回転系のショットで回転のかけ易さが印象に残っています。

私の周りではピュアアエロからより回転を求めてこのバーン100S CVにラケットを変えた友人もいます。

管理人

実はこれ、その友人から借りて少し打たせてもらっただけなので写真が撮れてないんですけど、ちょっと打っただけで尋常じゃない回転の掛けやすさを感じ、No.1にしました。

今作はランク外:【HEAD】グラフィンタッチ エクストリーム

extreme

回転系ラケットの代名詞ともなっているエクストリームですが、グラフィンタッチ版はフレームの形状が縦長になり、回転の掛けやすさが少し弱くなった印象があります。

グラフィンXTエクストリームは、めちゃめちゃ回転がかかり、VCORE SV100と並び3位タイくらいになるんですが・・

まとめ

回転のかかるラケットは色々ありますが、たくさんあげると結局どれがすごいの?とよく分からなくなってしまうので、厳選して3機種をご紹介しました。

私の感覚を元に語ってますので、全員に当てはまるものではないと思いますが、1つの検討材料にはなると思います。

良かったら参考にして下さい。

関連記事はこちら