【HEAD】 「S」スペックラケットの魅力とおすすめプレーヤー

HEADラケットの全機種に「S」というスペックがラインナップされています。

各機種「MP」が主流で使用率が高い傾向があり、「S」の使用率・知名度はそれほど高くないように感じます。

私自身実際に打つまではそれほど興味を持っていなかった「S」スペックですが、使用してみて始めて良さを知ることができました。

その良さをお伝えすべく、

✅実際に使って感じている魅力
✅こんなプレーヤーに合っているのでは?という提案

を記事にしてみたいと思います。


Sスペックラケットの特徴は?

head speeds インプレ

「S」スペックは操作性を追求したモデルで、スタンダードな「MP」に比べ軽量であることが最大の特徴です。

もうひとつ、軽量だけどバランスが大きくトップに寄らないことも他メーカーにはあまり見られない独特な特徴です。

よく「軽量+トップヘビー」の組み合わせはありますが、これは振ると重いんですよね。

こうなると若干操作性が落ちてしまいます。(特にダブルスで早い展開になった時に違いを感じます。)

操作性を追求し、

「バランスをトップに寄せない軽量ラケット」

がHEADの「S」スペックであるといえます。(一部例外があるんですが・・)

パワーの補填はフレーム厚で調整しています。(一部例外があるんですが・・)

「MP」と比較して数値的にどれくらい違うのかを次でみていきたいと思います。

機種別「MP」とのスペックの違いは?

プレステージSスペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
295g 99平方inc 27inc 21.5mm 16×19 325mm
プレステージMP スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
320g 98平方inc 27inc 20mm 18×20 310mm
G360ラジカルS スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
280g 102平方inc 27inc 22-25-23mm 16×19 320mm
G360ラジカルMP スペック
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
295g 98平方inc 27inc 20-23-21mm 16×19 320mm
G360+ SPEED S
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
285g 100平方inc 27inc 25mm 16×19 320mm
G360+ SPEED MP
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
300g 100平方inc 27inc 23mm 16×19 320mm
G360 インスティンクト S
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
285g 100平方inc 27inc 23-26-23mm 16×19 320mm
G360 インスティンクト MP
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
300g 100平方inc 27inc 23-26-23mm 16×19 320mm
G360 エクストリーム S
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
280g 100平方inc 27inc 23-26-21mm 16×19 335mm
G360 エクストリーム MP
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
300g 100平方inc 27inc 23-26-21mm 16×19 325mm
G360+ グラビティ S
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
285g 100平方inc 27inc 24mm 16×20 325mm
G360+ グラビティ MP
重量 フェイス面積 長さ フレーム厚 ストリングパターン バランス
295g 100平方inc 27inc 22mm 16×20 325mm

数値的な違いはこのようになっています。

打球感としては、

✅「S」▶️反発性が高い乾いた打球感
✅「MP」▶️反発抑えめで湿った重厚感のある打球感

のような違いがあります。

魅力とおすすめプレーヤー

グラフィン 360 ラジカル インプレ

「S」スペックラケットは、「自分から振って攻撃的なテニスを展開したい人」におすすめできるモデルです。

ただし、軽い分しっかり振らないとボールにパワーが乗せにくいという点もあります。

これは個人的な感想ですが、

若い頃のようなボールが打ちたい願望

軽いからしっかり振れる(スイングスピードが上がる)

ラケットアシストもあり良いボールが打てる

楽しい😁

こんなラケットです。

「しっかり振れて良いボールが飛ばせ、結果楽しい!」点が魅力です。

「軽いと打ち負けるんじゃないか」という固定概念を持っていましたが、振っていけるのでそれほど感じません。

さらに長時間の練習や試合でも疲れにくく、最後まで頑張れるところも魅力。

反対に、スライスやタッチショットがメインで、ハードヒットは不要という方にはちょっと合わないかもしれません。

このようなプレーの人は少し重めのラケットで、重さを利用したスイングが適していると思います。

Sスペックラケット使用プロは?

宇野真彩選手がインスティンクトSを使用しています。()

お手本のような綺麗なフォームから伸びのありそうなショットを繰り出しています。

インスティンクトはヘッドラケットの中で最もパワーのあるモデルで、女性にも人気があるモデルです。

まとめ

以上、ヘッドの「S」スペックについてまとめてみました。

  • ガンガン振って攻めたい人
  • MPが段々重く感じてきた人
  • 操作性を重視したい人

に試してもらいたいモデルです。

以下に「S」スペックラケットのインプレを貼っておきますので、良かったら読んでみて下さい。

プレステージS 2020 インプレ

【HEAD】G360+ プレステージS インプレ【2020モデル】

2020-03-26
グラフィン 360 ラジカル インプレ

【HEAD】グラフィン360 ラジカルS インプレッション

2020-03-01
head speeds インプレ

【HEAD】G360+ SPEED(スピード) S インプレ【2020モデル】

2020-02-23

【逆インプレ】グラフィン360インスティンクトSに変えた選手の球質、どうなった?

2019-06-11

HEAD「S」スペックラケット Q&A

  • 「S」スペックラケットの特徴は何ですか?

スタンダードな「MP」に比べ軽量で、かつバランスもそれほどトップへ寄っていないので、高い操作性が実現されているラケットです。(詳細はこちらの記事でご確認下さい。)


  • 「S」スペックラケットはどんなプレーヤーに合いますか?

「MP」だとちょっと重いと感じるけど、自分から積極的に振って攻撃をしていきたいプレーヤーにおすすめです。(詳細をこちらの記事で紹介しています。)


  • 「S」スペックラケットの使い心地はどうですか?

機種別のインプレはこちらです。「プレステージS」「ラジカルS」「スピードS」「インスティンクトS

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー