速いサービスに対するリターンのスタンス〜草トーでの気づき

                           
ATPツアーファイナル開催中!
錦織選手の活躍をWOWOWで応援しましょう!

先日久々に草トー(インスピリッツ)に挑戦してきました。

エキシビジョン含めて4試合、全て初対戦で良い緊張感の中試合をすることができました。

今回の最大の収穫はタイトルにした、「速いサービスに対するリターンのスタンス(構え)」です。2試合目に対戦した相手のサービスが非常に速く、対応できなかったのですが、スタンス(足の位置)を変更することでタイミングを取りやすくなり返球率がかなり上がりました。

リターン変更内容の詳細と各試合の振り返りを記事にしたいと思います。

この日の目標

  • 自分から攻めてネットプレーでポイントを取る
  • 確率の良いアプローチショット

今後(老後)のことも考え、自分からポイントを取れるテニスを目指しています。

理想は先日記事にした上杉選手。

アプローチショットでミスをする傾向があるので、威力より確率を重視することを意識して試合へ臨みました。

第1試合:6-0

いわゆる曲者という感じの相手。
突然ドロップを打ってきたり、ハードヒットしてきたり・・・
どんなボールを打ってくるか読めないというのはやりにくいです。

ただ、相手の作戦が定まっていなかったのか凡ミスを連発してくれたのであまり苦労せず勝つことができました。

第2試合:6-5

冒頭に上がったビッグサーバーとの対戦。

1stサービスが速い上に確率もかなり良く、バックサイドに入れられるとまともに返せない状況でした。

ブロック気味にコンパクトに当てることは意識していましたが、それでも間に合わず差し込まれてしまうのです。

私もギリギリのところでサービスをキープしていきましたが、1つブレークされて3-5、後がなくなってしまいました。

リターンのスタンス(構え)を変更

ここで思い切ってリターンの仕方を変えることにしました。

普段は前後に開いた状態からステップインをして打っていたのを、ステップインをやめ左右に広く開いた状態から小さなスプリットステップでタイミングを取る方法にしてみました。

変更前の脳内イメージ

リターンのスタンス

変更後の脳内イメージ

リターンのスタンス

変更後の変化

左右に広くスタンスを取ったことで下半身の力も利用してブロックできるようになったのか、これまでのような弾かれる感覚がなくなりました。

バックへのサービスに対してもしっかりと返せるようになったようになり、ラリー戦へ持ち込むことが可能になり展開が大きく変わりました。

結果・・・

マッチポイントが数本ありましたが、なんとか凌ぎギリギリ勝利。

リターンをふわりとでもしっかり返すことで相手の攻め急ぎ的なミスを誘発することができたので、それも勝因の1つかと思います。

第3試合:6-1

相手は俗にいうシコラーでスコアほど楽ではありませんでした。

一応個人的にシコラー対策は立てています。

今回も対策通り、またこの日の目標通り、積極的に前へ行く作戦。

長めのラリーからのアプローチで焦りから攻め急いでしまい、ボールがとっ散らかってミスをしてしまいネットにもポイントにも繋がらなく序盤でブレークされてしまいました。

顔を動かさない意識で軸を安定させる

アプローチショットでミスしたポイントは目線がボールから離れ、打つコースを見てしまっていたので、最後までボールを見ることと顔を残すことを徹底するように自分へ周知。

脳内イメージ

フェデラー

結果・・・

ミスが抑制できてかなり自分の理想通りポイントを取ることができました。

シコラー相手にベースラインで打ち合っていると体力が削られてしまうので、市民大会や草トーで1日何試合もする可能性があることを考えると、ミス待ちではなく自分からポイントを取りに行くテニスが必要となってきます。

この軸意識は試合で有効なことがわかったので、引き続き徹底していこうと思います。

エキシビジョン:4-3

ここでも一つ収穫が。

序盤は自分から攻めていたのですが、ショット力が無く、パスで抜かれたりロブを上げられたりと構えて打たれてしまう状態。

スコアも0-3となってしまいました。

ここで「エキシビだし打つ!」とここまでより少しペースを上げることを決意。
ただし『顔を残す』ことだけは継続して徹底。

作戦変更が功を奏し、ネットでポイントが取れるように。
そのまま4-3で終了となりました。

まとめ

この日の収穫は2点。

  • 速いサービスに対するリターン方法
  • 顔を残す(ボールを最後まで見る)ことでショットの安定感up

練習で感覚が良くても試合で使えないことが多いですが、試合で掴んだ収穫なのできっと使えるはずです。

忘れないように今後の練習でも意識していきたいと思います。

オススメ教材

リラックスしたフェデラーのようなテニスを目指したい方はこちら↓

姿勢・脱力・視線の技術〜脱力テニスのための3つのコツ

お知らせ
テニスの試合に勝ちたい人へ向け、勝つためのヒントを「ネタ帳」としてまとめました。 試合に勝ちたい!と強い思いを持っている方は是非確認してみて下さい。

関連記事はこちら