テニスの試合慣れとは結局何なのか?其の1〜草トー結果

先日久々に草トーに出場してきました。
秋の大会は呆気なく負けてしまったので、新たな課題を設定しての挑戦です。

具体的には以下の2項目

  • バックハンドスライスを浮かさずにネットより低い所で打たせる
  • コースを優先した力加減でサービスを打つ

スライスについては秋の大会で惨敗して設定した課題。厚いグリップで攻め立ててくる相手に対し気持ち良く打たせないようにするための技術習得です。

サービスに関しては先日の練習で効果があったので、継続してみようというもの。6〜7割の力加減でコースと確率を重視する作戦です。

結果は・・・


課題設定の関連記事

試合結果

第1試合:6-0

相手からミスをしてくれたので、余裕を持って落ち着いてプレーができました。
コースを狙うサービス、自分の中の満足感!?は低いですが(6〜7割の力だから)、確率が上がり(6〜7割の力だから)、実戦で効果を発揮してくれます。今後も継続決定です。

第2試合:6-1

第1試合同様、相手からのミスが多かったので、競ることなく勝つことができました。

第3試合:5-6

試合形式は6ゲーム先取のノーアドバンテージで行われました。
ゲームカウント5-5、私のサービスゲーム、カウント40-40でダブルフォルトという悲しい結果に…

試合展開は、相手が打ち込んでくる球を必死に拾うという苦しいものでした。バックに打ち込まれた球が浮いて浅くなりさらに攻められるという、以前の敗戦と同じ感じです。

浮かない滞空時間の長いスライスを何とかして身に付けたいものです。

第4試合:6-1

相手の方の試合を先にちょっと見ていて、バック側の弾む球の処理が当てて返すだけになっていたので、バックに弾む球を打って前に出てボレー勝負と決めて臨みました。

うまくハマり競らずに勝利。

反省

言うまでもなくプレッシャーがかかった場面でのダブルフォルトですが、4-4位からサービスの感覚が鈍くなり、確率がグッと下がってしまいました。

大事なところでキープができなくなり、より苦しい展開としてしまいました。

メンタルが弱い、試合慣れが足りないで片付けしまえばそれまでですが、すべきことが明確でないまま適当に理由付けして逃げているようで、根本的な解決に繋がらないと思うので、何をすべきか、できることを少し考えてみたいと思います。

少し長くなったので、続きは次の記事で!

続きはこちら

お知らせ
テニスの試合に勝ちたい人へ向け、勝つためのヒントを「ネタ帳」としてまとめました。 試合に勝ちたい!と強い思いを持っている方は是非確認してみて下さい。

関連記事はこちら

人気カテゴリー