【HITACHI】ビートウォッシュ 故障?〜「F3」メッセージの対応方法

                           

約10年程前に購入した、HITACHIのビートウォッシュ(型式:BW-D8GV)が最近不調。

洗濯をしようと電源を入れると、ピピピピピという異常を知らせるアラームが鳴り響き、ディスプレイには、「F3」の表示が・・・

取扱説明書を見ても該当のエラーについては具体的な解決方法の記載は無し。

困った時のグーグル先生に問い合わせて見ると、裏コマンドの様な情報をGETすることができました。

裏技を使用した結果、事象は解決し、今もなんとか洗濯できていますので、その裏コマンドをご紹介したいと思います。

事の発端は洗濯槽の乾燥運転(カビ対策)から

カビ対策として、気が向いた時に実施している「槽乾燥」運転。
先日この時に初めて「F3」エラーが発生しました。

とりあえず、電源を切って再度入れて見ましたが、電源を入れるとすぐに同じ「F3」エラーとアラーム音。

ビートウォッシュ
更に困った事に、乾燥運転をしている最中だったので蓋がロックされて開かない状態です。(電源を切/入してもロックは外れない)

「F3」エラー:ロックを解除する方法(隠しコマンド①)

先生に教えていただいた方法です。

ビートウォッシュ
「F3」でアラームが鳴り始めたら、電源ボタン、乾燥ボタン、ホット高洗浄ボタンを同時に押します。

すると、ピピッピピッピピッというテンポのチャイムが鳴ったら、電源ボタンだけを放します。

すると・・・ガチャンという音とともにロックが外れます!

私の家ではそれから普通に使えるようになりました。

冬の早朝洗濯時にも「F3」エラーが発生

最初に発生した「F3」エラーを解決してからは、しばらく使用できていたのですが、ある冬の朝再び発生しました。(結構寒い日)

この時は蓋のロック等はなく、ただ使えない状態。

「F3」エラー:洗濯できる状態にするコマンド(隠しコマンド②)

これは成功確率がかなり低いのですが・・・

電源を入れて、「F3」エラーが発報し始める前にスタートボタンを押すというもの。

私も一度これで解決できましたが、解決できない事も・・・
その時は、時間をおいて(気温が上がってから)から再チャレンジをすると何事もなかったように動くように。

そもそも「F3」エラーの原因は・・・

サーミスタと呼ばれる、温度センサーが不具合を起こしているようです。

乾燥機能を使っている時の高温時と、冬の朝という低温時に発生しているので納得です。
冬の朝、隠しコマンド②でも解決できない時は、洗濯機の周りの温度を少し上げてみると解決が早まるかもしれません。

その他のビートウォッシュエラーについて

取扱説明書に載っている、エラー解決策を載せておきます。
無くしてしまった方はこれを見て下さい。

ビートウォッシュ
ビートウォッシュ

まとめ

10年越えで使っている家電なので、寿命は近そうです。

Fから始まるエラーは、電源を入/切しても直らない場合は修理を依頼して下さい」と取扱説明書にも書かれているので、どうしようもなくなったら買い換えも検討しないとですね。

最新型ビートウォッシュ

 

 

本記事が、同じエラー症状でお困りの方の参考になれば幸いです。

12/22追記

現在では一時期の不調が嘘のように元気に洗濯してくれています。
F3メッセージが表示され、故障?と思った時に試してみる価値のある回復方法だと思います。

関連記事:SHARP アクオスのエラー対策

関連記事はこちら