肩の痛みを治す!簡単トレーニングとマッサージ方法をご紹介

                           
ATPツアーファイナル開催中!
錦織選手の活躍をWOWOWで応援しましょう!

このブログで何度か肩の痛みについてとりあげていますが、ここ数年右肩の痛みとお付き合いしています。

幸い日常生活にはあまり影響ない程度の症状ですが、趣味のテニスやランニングでは強い痛みを感じることがあり、なんとか完治させるため、効きそうな運動やマッサージを実践しています。

最近行っている壁を使った簡単なトレーニングとローラーを使ったマッサージが私の身体にあっているのか、痛みが緩和してきているので、その方法をご紹介したいと思います。

壁を使った肩周りトレーニングの方法

先日ジムで準備運動をしている人がこの運動をしていて、こっそり真似をしてみたところ、
良い感じだったので取り入れることにしました。

やり方は簡単!

この画像の様に壁の近くに立ち、肘をつける感じで軽く寄りかかります。

ウォールトレーニング
この状態から壁を押すだけ。

地味なトレーニングですが、肩関節周りの筋肉に効果があるように感じます。

これを始めた最初の頃は押し込む時に肩関節周りに痛みがありましたが、継続の効果か最近はほぼ痛みなく押し込めるようになってきました。

壁に当てる手の置き方を変えたり、肘で押すバージョン、手の甲で押すバージョンそれぞれ効く部分が違うので、自分に合う押し方を模索してみると良いと思います。

こんな押し方も効きます

ウォールトレーニング
この体勢から両肘で壁を押すだけです。

痛みの具合で強度を変えながら無理をしない範囲でトレーニングすることをオススメします。

本記事で使用した画像は以下のサイトから引用させていただきました。

「今日トレ」

「MY BODY MAKE」

筋膜リリースローラーでマッサージ

ローラーを使用したマッサージも始めました。

やり方はこちらの動画をご参照下さい。

これはかなり効きます!

ちょっと転がすと「ゴリゴリゴリ」とかなり刺激的な痛さがあり、自分の筋肉の硬さを痛感しました。

継続しているうちに痛みは緩和してきたと思います。(ただの慣れかもしれませんが・・・)

このマッサージをした後は、肩周りがかなり軽く動かしやすくなります。

数年前に通った鍼灸院の先生から言われた、「フォアハンドのインパクト後、フィニッシュでラケットが飛ばないようにブレーキをかける為、広背筋にストレスがかかり硬くなりやすい。硬くなると可動域が狭くなり痛みの原因になる」というアドバイスをこのローラー運動で思い出しました。

まとめ

今回ご紹介した簡単トレーニングとマッサージで、私の肩の具合はかなり良くなってきました。

先日ご紹介した置き鍼も継続しています。

年齢も年齢なので、身体のメンテナンスをしっかりとして長く趣味が続けられるようにしていきたいと思います。

肩の痛みで苦しんでいる方の参考になれば幸いです。

関連記事はこちら