アラフォーのおっさんが眼科でレーシックの相談したら一瞬で反対された話

中学生の頃くらいから、眼が悪くなり始め裸眼では車の運転やテニスができません。

テニスをする時はコンタクト、運転をする時はメガネ(コンタクト)、PCやスマホを見る時は裸眼という感じで生活をしています。

今に始まったことではないのですが、最近メガネ・コンタクトをつけたり外したりするのが面倒臭い!と感じるようになり、「レーシック」を考えるようになりました。

レーシック手術をするとなると、ちょっと試しに・・・という簡単なノリではできないので、「一度専門の先生に話を聞いてから決めよう」ということで眼科へ。

眼科の先生と会話をして題名のような結果だったのですが、先生の話が参考になったので、記事にしてみます。


眼科で行なった検査

受付でレーシックの相談がしたいという旨を伝え、まずはお決まりの視力&眼圧検査。

視力検査は例の気球が見える機械で測定。

あの機械、「オートレフケラトメーター」という名称で瞳のピントが合う状態を測定していて、遠視・近視・乱視・光の屈折力を自動で測定できるのだとか。

そのデータを元に勉三さんメガネで実際の見え方を調整しているらしいです。

診察前の検査はこれだけ。

いざ、診察

眼科医
はい、こんにちは。今日はレーシックの相談ということですね。
管理人
はい
眼科医
年齢は・・・今年39ですねー。そろそろ老眼が始まりますね。
眼科医
これから5年位で人生をかけて達成しなければならないような重大なこと、何かありますか?
管理人
ん?と言いますと・・・?
眼科医
例えば、オリンピックを目指しているとか、ここ数年でどうしても結果を出さなければならないようなことです。
管理人
・・・いや、そこまでのものはありません。
眼科医
そうですか。それであればレーシックはおすすめしません。あくまで私の意見ですが。
管理人
そうですかぁ。最近スポーツや運転をする時のメガネやコンタクトが面倒臭くなってきて、レーシック手術をすればその煩わしさから解放されると思って今日は相談に来たんです。
眼科医
そういう相談に多くの方が来ますが、年を重ねると老眼になるので今レーシックをしたとしても、数年後近くを見るためにメガネが必要になって来ます。お仕事でパソコン使いますか?
管理人
はい。一日パソコン作業です。実は既に老眼の気があってメガネをしたままだと疲れるので、仕事中はメガネ外しているんです。
眼科医
レーシック手術をすると取り外せないメガネやコンタクトをするようなものなので、今の話を聞く限りきっとすぐに老眼鏡が必要になりますね。
私の近視度数は、右-2.5/左-1.5です。
眼科医
裸眼でパソコンやスマホが見られるというのも遠くが見えるのと同じくらいありがたい大事なことなんですよ。管理人さんの場合近視もそこまで強くありませんから、メガネなしでもある程度生活できますよね?
管理人
はい。基本家の中では外してますね。
眼科医
レーシック手術をしたら今裸眼で出来ていることにメガネが必要になってくると思います。残り数十年の事を考えると私は今のままの視力で生活することが幸せだと思います。
眼科医
眼は健康なので、手術自体は問題ありませんから、どうしてもということであれば紹介状書きますよ。
管理人
なるほど。わかりました。
レーシックはいたしません!
ありがとうございました!

診察を終えて・・・

レーシックの事を調べると、この有名人もレーシックしました!みたいなことが書かれていますが、選手生命の短いアスリートは、現役の間(20歳-40歳位)競技に集中するために手術するそうです。(顔が命の芸能人も同様)

私の場合は、そこまで近視が強くなく、人生をかけるような特別な目標もありません。
平日は基本パソコンの前という環境なので、今後の事を考えてレーシックは行わないことにしました。(もう少し若ければメガネなしの便利な生活が長く送れるのかもしれませんが・・)

レーシック手術について迷っている方の参考となれば幸いです。

整体体験レポート
身体の疲れがひどかったので、カラダファクトリーで調整してもらったところ、疲労回復と共にスポーツ(テニス)のパフォーマンスも向上!

詳細レポートはこちら。

【実録】カラダファクトリーで施術したらサーブの威力が増した話

関連記事はこちら

人気カテゴリー