【YONEX/テニスボール】ツアー(TOUR)の特徴・打球感・耐久性をインプレ・レビュー

新発売されたヨネックスのテニスボール。

種類が3つあって、

  • 公式戦で使用される最高品質の「ツアープラチナム」
  • ツアープラチナムより若干品質は落ちるけど公式球の感触に近い「ツアー」
  • 耐久性を重視した練習用ボール「チャンピオンシップ」

上記のようなキャラクター設定がされています。

練習球であるチャンピオンシップは、練習球としては他メーカーよりも柔らかさがあり、それでいて耐久性も良く、まさに練習に最適!という感想でした。

今回は、公式球に近いと謳われている「ツアー」を打ってみたので、

  • 打球感
  • 耐久性
  • チャンピオンシップとの違い
  • どんな使い方に向いているのか

についてまとめてみたいと思います。


ツアーの特徴は?

YONEX テニスボール ツアー レビュー
YONEX テニスボール ツアー レビュー
  • ウーブンフェルト

織布の表面を毛羽立てた「ウーブンフェルト」を使っています。

ウーブンフェルトは打球感が柔らかく、品質の高いボールで、大きな大会で使われている素材になります。

短所としては、毛羽立ちやすく磨耗しやすいという点が挙げられます。

  • ITF公認球

国際テニス連盟(ITF)が公認しているボールです。

それだけの品質が保証されていることで、使う側とすれば安心感があります。

ツアーの打球感は?

YONEX テニスボール ツアー レビュー
YONEX テニスボール ツアー レビュー

公式戦で使うボールと遜色ない、柔らかい打球感と反発性です。

スピード感はそれほどなく、球足は少し遅めという印象。

ダブルスの試合で使ったのですが、ポイントが長くなる傾向があったのはボールの遅さのせいもしれません。

相手の決め球に対するキャッチ率が高かったです。(もちろん逆も)

一緒にプレーした方は「柔らかくて打ちやすい」という感想でした。

ツアーの耐久性は?

おっさん男ダブ2hをやった後の状態です。

YONEX テニスボール ツアー レビュー
YONEX テニスボール ツアー レビュー

ご覧のように結構毛羽立ちが出てきました。

練習最後の方は、へたったとまではいきませんが、少し打球感が軽めになったような気がします。

シングルスで長いラリーが続くような試合だともっと差が顕著に出てくると思います。

なので球出し用として長期間使うのには向かないですね。

どんな使い方が適してる?

テニスオフやテニスベアで試合を主催する方々には重宝されるボールだと思います。

その理由は、

  1. 公式球に近い打球感
  2. 公式球に近い劣化
  3. 何気に安い

という3点。

試合を主催するという方はきっと、公式戦を想定して練習をしたい方だと思います。

であれば、公式球に近い、打球感と劣化があった方がより実戦に近い状況で練習が可能です。

プラスこのボール、新発売された3種の中で一番安い価格設定になっています。

ボールは消耗品なので安いことも重要です。

これらのことから「試合練習」用ボールとして使うのに向いています。

【参考】チャンピオンシップとの違いは?

チャンピオンシップは、練習用ボールとしては柔らかく感じましたが、このツアーと比べるとやはり硬いです。

なので、スピード感にも違いがあって、ツアーの方が遅めです。

練習後の状態
YONEX テニスボール チャンピオンシップ レビュー

 

YONEX テニスボール ツアー レビュー

 

ツアーの方が毛羽立ちが目立ち、打球感も軽く変わりました。

チャンピオンシップの方が打球感の変化が少ない印象です。

YONEX テニスボール チャンピオンシップ レビュー

【YONEX/テニスボール】チャンピオンシップの特徴・打球感・耐久性をインプレ

まとめ

以上、YONEXのニューボール「ツアー(TOUR)」のインプレでした。

公式戦を想定して試合練習をメインにする方に向いているボールだと思います。

マッチ練習主催者の方、是非使ってみて下さい!

最安値の確認はこちら

評価
product image
管理人評価
1star1star1star1stargray
5 based on 1 votes
ブランド
YONEX
製品名称
ツアー(TOUR)

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー