【YONEX/テニスボール】チャンピオンシップの特徴・打球感・耐久性をインプレ

2021年YONEXから新たなテニスボールが発売されました。

ラインナップは、

  • ツアープラチナム
  • ツアー
  • チャンピオンシップ

メーカーの分布図はこんな感じです。

YONEX テニスボール チャンピオンシップ レビュー

今回は、耐久性の高さとボールスピードが特徴の「チャンピオンシップ」のレビューや他のボールとの違いをまとめてみたいと思います。


チャンピオンシップの特徴は?

YONEX テニスボール チャンピオンシップ レビュー
YONEX テニスボール チャンピオンシップ レビュー
  • ITF公認球
豆知識

ITFとは国際テニス連盟(「International Tennis Federation」)のことで、この連盟の下にATPやWTAがあるイメージです。

  • ニードルフェルト
豆知識

テニスボールにはニードルフェルトとウーブンフェルトがあり、ニードルが不織布、ウーブンは織布の表面を毛羽立てたものです。

ウーブンの方が柔らかさはありますが、毛羽立ちやすく摩耗しやすいのが特徴。

一方のニードルフェルトは毛羽立ちにくく摩耗も少ないですが、打球感がちょっと硬めになります。

大きな大会などではウーブンフェルトが使われます。

発売された3種の中では耐久性を追求した練習用ボールであることが言えます。

チャンピオンシップの打球感は?

YONEX テニスボール チャンピオンシップ レビュー
YONEX テニスボール チャンピオンシップ レビュー

まず始めに感じたのが「ソフト感」

毛羽立ちの少ない練習球は「硬い」印象があるのですが、このボールではそれを感じませんでした。

硬さを感じるボールに比べると、反発が控えめなので、回転がしっかりかけられて収まりが良いと感じました。

その分スピード感が鈍りますが・・

ただ、公式戦で使うボール(例えばダンロップフォート)と比べちゃうと、少し硬くて反発が強い感じですね。

ニードルフェルトの練習ボールの中では、公式球に近いのでは?と感じます。

チャンピオンシップの耐久性は?

YONEX テニスボール チャンピオンシップ レビュー

2時間ハードコートで練習後の状態です。

YONEX テニスボール チャンピオンシップ レビュー
YONEX テニスボール チャンピオンシップ レビュー

全体的に毛がなくなりましたが、最後までへたった感触はありませんでした。

まだまだいけそうな感じです。

謳い文句通りの耐久性!

60球くらい一度に開けて、球出し練習をする目的で使うのに向いてるだと思います。

他のボールとの比較

同じグレードの練習ボールで比較をしてみます。

  • テクニファイバー NFX

打球感ではチャンピオンシップの方が少し柔らかめです。

同じニードルフェルトのボールということもあり、耐久性に大きな違いは感じられませんでした。

【テクニファイバー/テニスボール】NFX の特徴・打球感・耐久性をレポート

  • DUNLOP セントジェームス・プレミアム

打球感はチャンピオンシップと似ていると思います。

どちらもソフトな感触です。

耐久性は若干ですがチャンピオンシップの方があると感じました。

セントジェームス プレミアム レビュー

【DUNLOP】セントジェームス プレミアムをレビュー [こんな使い方におすすめ]

まとめ

以上、ヨネックスのニューボール、チャンピオンシップのレビューでした。

ヘタリにくさを活かし、

  • 球出し
  • ラリーやボレスト
  • サービス打ちっ放し

といった、基礎練習をみっちりやるのに向いていると思います。

サークルの練習ボールとしても活躍しそうです。

興味があったら試してみてください!

最安値の確認はこちら

評価
product image
管理人評価
1star1star1star1stargray
4 based on 2 votes
ブランド
YONEX
製品名称
CHAMPIONSHIP

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー