【asics】COURT FF 3 新製品情報まとめ [4年ぶりのリニューアル!]

アシックステニスシューズの上位機種、ジョコビッチのフットワークを支えるコートFFシリーズがフルモデルチェンジをして2023年登場します。

つい先日「コートFF2」に履き替えてプレーをしていますが、めちゃめちゃ良いシューズです!

さらなる進化をさせるために4年もの歳月をかけ、満を持しての登場。

新製品の詳細情報が公開されたので、どんな進化を遂げたのか整理をしていきたいと思います。


COURT FF3はどんなデザイン?

ASICS COURT FF3 新製品情報

テニスシューズの王道、という感じで奇抜さはありませんが、足をしっかりサポートしてくれそうなオーラが漂っています。

普通にかっこいいです!

COURT FF3の特徴は?

まずは、モノソック構造(シューたんがなく一体となっている構造)であることが大きな特徴です。

次に、搭載されているテクノロジーについて整理します。

  1. FlyteFoam(フライトフォーム)
  2. TWISTRUSS(ツイストラス)
ASICS COURT FF3 新製品情報

FlyteFoam(フライトフォーム)

ASICS COURT FF3 新製品情報

TWISTRUSS(ツイストラス)

①のフライトフォームは、シューズの反発性を出しながら軽量性も実現したスポンジ材で、ミッドソールに搭載されています。

②のツイストラスは、俊敏性をアシストする樹脂補強パーツで、過度なねじれを抑え、斜め前方への動きをスムーズにするように切れ込みが入っています。

結果、軸足で踏ん張りながら素早い切り返しができるようになっています。

ryomei

これってCOURT FF2と同じじゃん!

と思った方、さすがです。

これから前作との違いをご紹介します。

前作(COURT FF2)との違いは?

ソール部の画像を比較してみます。

asics courtff2 インプレ

COURT FF2

ASICS COURT FF3 新製品情報

COURT FF3

COURT FF2はヒール部分が1パーツなのに対して、COURT FF3では分割されているのがわかると思います。

これは横に動いた時の踏ん張りとそこから生まれる反発を強力にするためのアイデアです。

1パーツに比べ、地面との接触面積が増えるので、踏ん張れるし反発が増すんですね。

次は中足部に搭載されている、ツイストラスの形状も異なっていて、COURT FF3は分割されています。

こちらも俊敏な動きを実現するため、ねじれからの反発がより強力になる効果があります。

というわけで、前作よりも反発性が強化されているシューズとなっているようです。

まとめ

以上、アシックス COURT FF3の情報をまとめてみました。

COURT FF2も十分に良いシューズですが、新製品もどんなモノなのか非常に気になります。

男性用・女性用どちらも発売され、

  • 男性:25cm-29cm、30cm
  • 女性:22.5cm-26cm

がラインナップされます。

ちょうどシューズ探しをしている方は要チェックですね!!

予約始まってます

COURT FF3 Q&A

  • COURT FFシリーズってどんなシューズ?

ジョコビッチのフットワークを支えているシューズで、安定性・俊敏性のバランスが高次元で両立されたアシックステニスシューズ最高峰の1足です。(詳細はこちらの記事をご覧下さい。)


  • COURT FF3の特徴は?

安定性を維持しながら、ヒール部分や中足部の樹脂を分割。これによりさらに反発性が向上、俊敏なフットワークをアシストしてくれるシューズです。(詳細はこちらの記事をご覧ください。)


シューズの臭い対策、万全ですか?
もしシューズの臭いが気になるようでしたら、【NULL シューパウダー】がおすすめです。

ミスト状のパウダーで除菌、防臭効果があります。

詳細レビューはこちらです。

【足臭卒業】Null 消臭 シューパウダーをレビュー

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー