【AVIOT】TE-D01a 完全ワイヤレスイヤホンをレビュー

                           


結構前から「欲しいなー」と密かに狙っていた完全ワイヤレスイヤホン

通勤中の電車を見ても多くの人が装着しています。

観察していて装着率が高いと感じるのがこちら。

  1. APPLE:AirPods
  2. SONY:WF-1000X
  3. BOSE:SoundSport

 

3種類全て試聴してそれぞれの特徴が理解できた中で「SONY」のイヤホンがいいかなぁと妄想をしていたのですが、結構なお値段がするのでなかなか購入に踏み切れませんでした。

通勤中にちょっと聞くだけのために¥25000は勇気が入りますw

結局これらのハイスペックモデルは諦め、予算を1万円に設定して良さげなイヤホンを購入することに。

1万円以内でもエントリーモデルとして結構種類が販売されています。

今回私がいくつか試聴し、納得して購入した「AVIOT TE-D01a」のレビューをしてみたいと思います。

AVIOTってどんなメーカー?

以下は公式サイトからの抜粋です。

心地よさの追求。

AVIOT(アビオット)は日本の音を知り尽くした日本人オーディオエキスパート達が音質設計に携わる、日本発のオーディオビジュアルブランドです。

”make A comfort zone”をスローガンに掲げ、高音質、高品質に加え、ずっと使い続けたくなる心地よさを追求しています。

日本の音。

現在日本で販売されているワイヤレスイヤホンの多くは、中国を始めとする海外で生産され、日本よりも大きな市場でテイストが異なる米国や中国向けの音響設計が施されています。

AVIOTが目指したのは、日本の音。ハイスピードでワイドレンジな高品位ドライバーを選定し、長時間のリスニングテストを行って、丁寧に、各周波数毎に0.1db単位のサウンドチューニングを施しました。

耳を圧迫するいわゆる”重低音“のみが強調された、多くの海外ブランドのイヤホンとは一線を画した、フラットなトーンバランスをベースにした音造りを行っています。

 

オーディオに詳しい人であればご存知なのかもしれませんが、私は知らないメーカーでした。

ただ、幾つか試聴した中では最も音質が良く、音飛びが全くなかったイヤホンでした。

SONYのようにノイズキャンセリングを前面に謳ってはいませんが、周りの騒音がかなりカットされ音に集中できます。

bluetoothが最新の5.0を実装しているのもこれだけで、ほぼ即決で購入。

TE-D01a 開封の儀

AVIOT TE-D01a
AVIOT TE-D01a
AVIOT TE-D01a
AVIOT TE-D01a
AVIOT TE-D01a
AVIOT TE-D01a
デフォルトセット
  • イヤホン本体(左右)
  • 充電器
  • MicroUSBケーブル
  • 標準イヤーピース(S/M/L)
  • イヤーウィング(S/L)
  • 収納ポーチ
  • ユーザーマニュアル
  • 製品保証登録案内カード

TE-D01aは国内最高権威のオーディオビジュアルアワード「VGP2019」を受賞している製品で、評価が高いイヤホンです。

 

簡単な操作方法

AVIOT TE-D01a
AVIOT TE-D01a
AVIOT TE-D01a

左右それぞれイヤホンのサイドがボタンになっていて、これを押すことで電源のOFF/ONを行います。

左側のイヤホンが親機となっていて主な操作は左のイヤホンで行います。

デバイスとペアリングをする場合は、左側のボタンを長押することでデバイスに機器が表示されるので選択して接続します。

名称は「TE-D01a」です。

一度接続すれば以降は自動接続です。

音量の調節だけ右側のイヤホンのボタンを使います。(2度押すと音量を上げ、1度押しで音量を下げてくれます)

どんな音質?

購入ポイントの部分でも述べましたが、遮音性に優れていてノイズがかなり少ないです。

重低音が異様に強調されているわけでもなく、高音がきついわけでもなく、素直に聞きやすいバランスの良い音質です。

オーディオに強い拘りを持っていない方であれば十分に満足できる音質であると思います。

音に集中しすぎて電車を乗り過ごさないようにしないと・・

再生時間は?

取説では最大4.5時間と表記されています。

普段使いを想定すると連続2時間聞き続けることはないですし、収納は必ず充電ケースにするのでバッテリー切れでフラストすることはなさそうです。

収納ケースの充電具合はLEDランプで一目瞭然です。

AVIOT TE-D01a

まとめ

この音質と機能で1万円以下はかなりお買い得だと思います。

私はイヤホン購入を機に、最近流行の「オーディオブック」にもチャレンジしてみようかなと思っています。

音楽を聴いてリラックスも大事ですが、何かインプットできれば無駄な通勤時間が少しは有意義になるかなと・・

安くて良い機能の完全ワイヤレスイヤホンを検討している方は是非チェックしてみて下さい。

余談

このイヤホンは近くの「ビックカメラ」で購入しました。

1度試聴してから購入したいからというのもありますが、ポイントで購入したいという理由もありました。

普段「ビックカメラSUICAカード」を使用しているので、知らぬ間に「ビックポイント」が貯まってるんです。

今回の買い物は全てポイントで賄えました。

「ビックカメラSUICA」カードについての詳細はこちらにまとめているので、興味があったらどうぞ。

ビックカメラSuicaカードはメリットまみれだった!おすすめする7つの理由

2018.06.30
管理人評価
評価日
評価対象
AVIOT TE-D01a
評価
51star1star1star1star1star

関連記事はこちら