ドロップショットを打たれまくって感じた効果と戦術

                           

先日練習してもらった相手、これまで経験したことがない程に癖が強いプレースタイルで、単純明快なプレーしかできない私は翻弄されっぱなしでした・・・

どう癖が強かったかというと、

  • フォアもバックも全部スライス
  • ドロップショットが異様に上手い
  • ボレーのタッチが神

という具合で、ボールのスピードは遅いのですが自分のタイミングでボールを打つことができませんでした。

打たせてもらえなかったという方が正しい表現かもしれません。

この方とシングルス少々とダブルスの試合をしてもらい、相手に気持ち良くテニスをさせない方法についていくつか発見があったので、自分がやられた体験を元に戦術を考えてみたいと思います。


スライス&ドロップで翻弄されたケース

シングルス編

シングルスでは、

  • ドロップ&ロブ攻撃
  • ドロップリターンでの奇襲

に苦戦しました。

ストロークの打ち合いとなっても相手はスライスのみ。

球が遅くさらにネットより低いところで打たされるので、なかなか相手の体勢を崩すことができませんでした。

それでも相手を走らせて(しっかり構えさせないで)から打たせると、スライスの精度が落ち、浮いたボールが返ってくるので、それを起点にポイントを積むことができました。

問題は構えられた時。

スライスと思っていたら急にドロップを打たれ、前へダッシュしながらボールを処理しなければならず、なんとか返しても相手はパス、ロブ、なんでも打てる状態で待っています。

前へダッシュした後、推進力が残っている状態でロブを上げられるともう見送るしかありません。

走りながら小手先でコースを狙ってみたりもしましたが、ミスが増えてしまい失点の方が上回ってしまいました。

次に面食らったのがドロップリターンです。

相手はリターンの時ベースラインより2歩位内側に入って待っています。

当てて返すリターンなので、こちらの時間を奪うために前で処理しているのだと思います。(私の勝手な予想)

2ndでコースが甘くなるとさらに1歩前に来てリターンダッシュやドロップリターンと色んなことをしてくるんです。

じゃあこっちもサーブ&ボレーでと対抗してみましたが、止まるドロップリターンをハーフボレーで処理するのって簡単そうに見えて激ムズです。

普段のように推進力のあるボールをハーフボレーする場合、面だけ作れば返りますが、推進力のないボールは自分の力を加えて返す必要があります。

深く返そうとするとボールが浮いてボレーの餌食となり、前へ落とすとボールのタッチ合戦になり負けちゃうという状況。

ダブルス編

シングルスでも食らったドロップリターンに為す術がありませんでした・・・

前へ落とされたボールの処理の難しさがシングルスに比べ倍増しました。

1stボレーを打つ際、シングルスであればコースが甘くても返しておけば良かったものが、ダブルスだと前衛がいてコースが甘かったり浮いたりするとあっという間に失点です。

ゲーム中どこに打てば良いのか本当に混乱してしまいました。

翻弄されて感じたドロップショットの効果

  • 相手のミスを誘える

一般的に左右の振り回しを練習している人は多いと思いますが、前へ猛ダッシュしてドロップを拾う練習ってほぼしないですよね。

実際にドロップをたくさん打たれて、前への推進力がある中ネットより低いところから持ち上げつつ相手コートに落とし込むってかなりの技術が要ります。

相手をこの状況にはめられれば、左右に振り回すより簡単にミスを誘えそうです。

  • 相手に迷いを生じさせる

迷いもミスへ繋がるひとつの要素です。

打つショットの決断が遅れると以降の動作も遅れてしまい、十分な体勢で打てずにミスしちゃうパターンです。

皆さんもきっと経験があるはず。

  • ストローク力が弱くても相手を崩すことができる

左右の動きは皆練習しているので、ストローク力がかなり強くないとなかなか崩すことができません。

ドロップショットを用いて前後へも揺さぶることができれば、ハードヒットで無理して打つ必要がなくなりそうです。

実際スライスだけの相手に相当走らされましたからね。

自分の戦術にどう組み込む?

ドロップショットの被害に遭ってかなり有効な戦術であるということを肌で感じることができました。

私はストロークでエースがとれるタイプではないので、ドロップショットを操れればプレーの幅を広げることができると思います。

今はチャンスボールに対しての選択肢が「叩く」しかない寂しい状態なので・・

 

この動画を参考にして、まずは自分がチャンスボールを打つ時にドロップショットが混ぜられるように練習を積んでみたいと思います。

まとめ

試合中一か八かで打つのではなく、戦術の一貫として自信を持って打てるようになればもう少し勝てるようになるのでは?とちょっとワクワクしています。

今後はドロップショットを打つ練習を加えて技術力アップを図っていきたいと思います。

関連記事はこちら

人気カテゴリー