【フォアハンド】ラケットヘッドを走らせるための内部意識

質の高いボールを打つためには、

  • ボールの勢い(推進力)
  • ボールの回転

が両立している必要があります。

私のフォアは回転過多で推進力が弱めで、長いこと悩んでいます。

なんとか改善しようと、推進力を出すための工夫を色々試してきました。

昨日の練習でも懲りずに動画で掴んだヒントを試してみたところ、なかなか良い感じの感触を得ることができました。

先日「脱力」をテーマにした記事を書きましたが、この「脱力」プラスもう一つの内部意識を組み合わせることで、良いボールが打てる確率が向上。

備忘を兼ね、詳細について書いてみたいと思います。


「ヒント」に気付いたきっかけ

日課であるテニスYoutube閲覧でたまたま見た、こちらの動画からヒントを得ました。

最初の真横からのアングルでフォアハンドをみると、「身体の壁」みたいのがあって、ラケットヘッドがビュッと走っています。

まぁ見慣れたフェデラってるフォアなんですが、その日は「壁」のような存在が気になりました。

クローズアップすると、

2コマ目と3コマ目ですが、軸の回転が止まっているように見えませんか?

こうすることで「壁」ができて自然にヘッドが走るようになり、推進力が生まれるのではないかと。

というわけで「壁」を作ることを意識て練習することにしました。

とりあえずやってみた

壁を作るためまずやってみたのが、「顔残し」

これは正確なインパクトをする為、以前から若干意識していたこと。

この意識ではあまり変化を感じられませんでした。

次は、上半身の「横向き」をキープする意識でチャレンジしてみました。

すると、、、

スイングスピードは変えていないのに、インパクト音がそれまでよりも乾いた良い音に変わり、ボールがストリングに吸い付くような打球感も得られるように変化。

管理人

これ、いいんじゃない!

とすぐに感じたので、「横向きで打つ」内部意識で上手くいきそうです。

後で動画を見たら、肩のラインは進行方向に対し垂直(ストレートならベースラインと平行)になっていました。

なのであくまで内部意識で、私の場合、それくらいで身体が開かず打てるみたいです。

上半身の「横向き」を意識することで生まれたメリット

この日の練習では以下の改善が感じられました。

  1. 前へのスイングがスムーズに行え、推進力の向上
  2. 体の開きが抑制されヘッドスピード向上
  3. ミスヒットの減少

1つづつ詳細を述べていきます。

  • 前へのスイングがスムーズに行え、推進力の向上

ボールの進行方向へスムーズにラケットが出せているので、それほど必死にスイングしなくても、強いインパクトができているように感じます。

これまでは身体が開いていた為、ボールの進行方向とは違うベクトルにスイングの力が働いてしまい、推進力が出なかったのでは?と分析しています。

  • 体の開きが抑制されヘッドスピード向上

体軸の回転にブレーキをかけるイメージで身体の開きを抑えます。(気持ちの中では横向きキープ)

ブレーキに連動して腕が加速してヘッドスピードが上がったように感じます。

それが強いインパクトに繋がっているのかもしれません。

イメージ的には「鞭」の先端を走らせる時、柄の部分はキュっと止めて先端を走らせますよね。

体軸を柄に、ラケットを先端に置き換えるとイメージが掴みやすいかと。

  • ミスヒットの減少

身体が回ってしまうと、肩のラインが固まらず、打点に左右のブレが生まれやすいのかもしれません。

肩のラインが正しく決まることで、前へのスイングが強調されたせいか、ラケットの根元にあたるようなミスヒットが減りました。

まとめ

今回の気づきは「小手先」の操作ではないので、結構再現性が高く、意識を徹底させることでちゃんと身につけられるのでは?と期待しちゃってます。

前回記事にした「相手の観察」と合わせて、

  • 横向き意識
  • 相手の観察

を2大テーマとして練習に励もうと思います。

小手先ではない、土台となる身体操作について勉強するにはこちらのDVDがおすすめです。

興味があったら覗いてみて下さい。

【Tennis Biz】姿勢・脱力・視線の技術 >>>

関連記事はこちら

人気カテゴリー