【フォアハンドボレー】グリップの握り方変更で安定感向上〜ヒントを得た画像

  • ボレーがスイートスポットに当たらない・
  • コントロールが悪い・・
  • 相手の突き玉にラケットが負けてしまう・・・

シングルスではストロークで相手を崩してから打っていたので、こんな感じの怪しいボレーでも誤魔化せていましたが、ダブルスにおいてボレーでゲームメイクをしようとするとミス連発、ボール浮きまくりで決められまくりという大惨事・・・

どうしたものかと考えていたある日、FaceBookで錦織選手のフォアボレー画像を見かけ、なんとなくグリップを見たところ、思ったより『厚い』握りであることに気がつきました。

先日の練習からグリップを変えてみたところ、感覚が改善されフォアボレーに安定感(ボールをコントロールする力)が芽生えてきたので、詳細をレポートしていたいと思います。


ヒントとなった画像

錦織

 

ボールに対し完璧に準備ができていて、どこへでも自由自在に打ち分けられそう。
この構えを見る限りミスをする気配を感じませんね。

で、私が注目したのが、『グリップ』です。

私が普段握っているグリップに比べ『厚め』の握りで打ってることに気がつきました。

この位の厚さで握れば、「突き玉に対してボールに負ける」という悩みが解消できるかも!と思い、早速実践。

グリップの変更前後比較

フォアハンドボレーグリップ

いまいち分かりづらいかもしれませんが、変更前は『コンチネンタルより少し薄め』変更後は『コンチネンタルより少し厚め』です。

フォアボレーグリップを薄くしていた理由

ズバリ、バックハンドボレーに合わせていたというのが最大の理由です。

昔バックハンドボレーが全く打つことができず、バックボレーでボールに負けないように打つことを最優先した為、変更前の握り方としていました。

優先しているわりに全然大したことないのは内緒です。

グリップ変更後変わったこと

手首を立てた自然な状態でインパクトできてボールに負けない

キャッチボールでボールをキャッチする形(ラケットヘッドを立てた状態)でボールをインパクトすることができ、非常に楽になりました。

グリップが薄いとラケットヘッドを少し倒さないとボールを厚く捉えられませんでした。

ラケットヘッドを立てた力の入る状態でインパクトができるので、突き玉に対しても負けにくくなりました!

距離のコントロールがしやすい

浅く落とす球(ドロップボレー)の精度が向上したと思います。

薄いグリップの時に比べボールに弾かれなくなり、ボールの勢いをしっかり吸収できるようになりました。

自然な手首の形が良い影響を与えてくれてるように思います。

【もう1つの改善点】どこにでも打てるような準備を心掛ける

余裕がある球に対し、余裕があるから準備を疎かにしてしまうのではなく、余裕があるからこそ準備(先ほど載せた錦織選手のような準備)をし、どこにでも打てる状態にしておくことも非常に重要です。

しばらくはあの画像をイメージして準備の方にも意識を向けていこうと思います。

まとめ

ちょっとしたグリップの変更で感覚が大きく改善されました。
バックボレーへの影響はほぼなく普通に打てています。

次はこのボレーを使いゲームメイクをしていくフェーズです。
ボールの勢いを吸収する技術向上が見込めるので、うまく遅い球を交えられるよう練習していこうと思います。

この記事がフォアボレーに悩まれている方のヒントになれば幸いです。

ボレー上達のヒント

長年試行錯誤して見つけた、間違いのないボレー上達ポイントをまとめました。ボレーに苦手意識がある方は見てみて下さい。

 

関連記事はこちら

人気カテゴリー