【基礎知識】テニスのルール、よく使う用語を丁寧に解説

テニスをプレーするにも観戦するにもルールや用語がわからないと、

  • ボールをどこに入れれば良いの?
  • ポイントとゲームって何?
  • あとどれ位で勝てるの?

ということになり100%テニスを楽しむことができません。

もちろん「ボールを打つ」、「プロの試合を見る」だけでも楽しいんですが、ルールや用語を理解していると、

  • テニスというスポーツのゲーム性
  • 試合中の駆け引き

等を感じることができ、テニスを数倍楽しむことができます。

本記事では、テニスのルールや用語をまだ把握していない初心者の方に向け、わかりやすく解説していきたいと思います。


テニスのルール

federer

テニスは1バウンドもしくはノーバウンドで相手コートの定められた範囲に返すというスポーツです。

まずは試合の構成コートのどの範囲にボールを入れれば良いかという点について説明します。

試合構成

テニスの試合は、

ポイントを積み重ねてゲームを取り、ゲームを積み重ねてセットを取り、セットを積み重ねて試合(マッチ)に勝つ

という流れになっています。

なので最小単位は「ポイント」になります。

  • ポイントの数え方

ポイントの数え方の癖が若干強め。

ポイント数 0 1 2 3 4
表示 0 15 30 40 G
呼び方 ラブ フィフティーン サーティ フォーティ ゲーム

カウントはサーバー側からコールするのが基本で、

「フィフティーン・ラブ」
「フィフティーン・オール」
「サーティ・フィフティーン」

のように数えていきます。

  • ゲームを取るまで

先に4ポイント取った方がゲームを取ることができます。

ポイントが3対3(フォーティ・オール)になった場合は「デュース」と呼び、先に2ポイント連取した方がゲームを取ります。

デュースから1ポイント先行した側を「アドバンテージ」と呼び、先行したのがサーバーであれば「アドバンテージサーバー」逆であれば「アドバンテージレシーバー」とコールします。

  • セットを取るまで

通常6ゲーム取れば1セットを取ることができます。

ただし5-5になった場合は2ゲーム差がつくまで、6-6になった場合は「タイブレーク」(別途説明します)を制した方がセットをとります。

以上のことから1セット終了時のゲームカウントは以下のいずれかになります。

6 6 6 6 6 7 7
0 1 2 3 4 5 6

私達アマチュアの大会では1セット6ゲーム先取とか8ゲームマッチ(7-7タイブレーク)という特別ルールもあるので、試合に出場される際は必ずルールをご確認下さい。

奇数ゲーム終了時にはチェンジコート(ネットを挟んだ反対側のサイドへチェンジすること)が行われます。

  • タイブレークとは

セットの決着を早くつけるための特別ルールです。

そのセット最初にサービスを打った方からサービスを打ちます。

最初にサービスを打つ人はデュースサイドから始め、1ポイント終了したらサービス権が相手へ移動。

以降はアドサイド・デュースサイドの順に2ポイント毎にサービス権が交代します。

7ポイント先取した方がタイブレークを制しセット取得となります。

カウントが6-6になった場合は2ポイント差がつくまで続けられます。

トータルポイントが6の倍数になるとチェンジコートを行います。

テニスコートの範囲

テニスコート

まず、テニスコートで使われる用語の一覧です。

テニスコート用語

(後に記載している用語集の参考にもなってます)

次はコートのどこにボールを入れる必要があるかについて解説します。

まずサービスは対角線上にあるサービスエリアに入れなければなりません。

テニスルール
テニスルール

サービスは1ポイントにつき2回打て、両方ともサービスエリアに入らないと「ダブルフォルト」となり相手のポイントになります。

リターン以降のボールは、以下の図のようにシングルスとダブルスでコートの範囲が異なり、この範囲内に入れないと失点になります。

テニスルール

用語集

区分用語解説
プレーインプレーポイントの開始から終了の間
プレーオン(ザ)ラインボールがラインに触れていること
プレークロス対角線に打つショットのこと
プレーグランドスマッシュワンバウンドしてからスマッシュを打つこと
プレーサービスプレーの最初のショット
プレースタンスボールを打つ時の足の位置
プレーストレートサイドラインと平行に打つショットのこと
プレーストロークワンバウンドで打つこと
プレースマッシュノーバウンドで頭より高い位置から打ち込むこと
プレースライス進行方向に対し逆回転がかかったボールのこと
プレーダウンザラインサイドラインに沿ったストレートショットのこと
プレーテークバックラケットを引く動作のこと
プレートップスピン進行方向に対し順回転がかかったボールのこと
プレーネットプレーネット付近でのプレー
プレーハイボレー顔より高い位置で打つボレー
プレーバックハンド右利きの場合体の左側で打つショットのこと
プレーパッシングショットネットにいる相手に触れさせないように打つショットのこと
プレーフォアハンド右利きの場合体の右側で打つショットのこと
プレーフラットボールの回転量が少ないショットのこと
プレーポーチダブルスで前衛が動いてボレーでカットすること
プレーボレーボールをノーバウンドで打ち返すこと
プレーライジング(ショット)ボールが上がってくるところを打つショットのこと
プレーラリーボールの打ちあいのこと
プレーリターンサービスの返球のこと
プレーロブ高く打ち上げるショットのこと
ルールアドバンテージデュースから1ポイント取った状態
ルールゲームポイントゲームを取る最後のポイント
ルール(コード)バイオレーションコート上での注意事項・警告
ルールサーバーサービスをするプレーヤー
ルールサービスキープ自分がサービスを打つゲームをとること
ルールサービスダウン自分がサービスを打つゲームをとられること
ルールシングルス1対1で対戦する形式のこと
ルールセットポイントセットを取る最後のポイント
ルールダブルス2対2で対戦する形式のこと
ルールダブルフォルトサービスを2度失敗すること(相手の1ポイントになる)
ルールチャンピオンシップポイント大会の優勝を決める最後の1ポイント
ルールドロー対戦表のこと
ルールノットレディーレシーバーが構えてない内にサービスを打つこと
ルールノットアップ2バウンドしてしまったこと
ルールフォルトサービスがサービスエリアに入らないこと
ルールブレイク相手のサービスゲームをとること
ルールレシーバーサービスを受けるプレーヤー
ルールレットポイントをやりなおすこと
コートアドバンテージサイドセンタラインより左側のサイド
コートアレーシングルスとダブルスのサイドラインの間のエリア
コートオムニコート砂入り人工芝コート
コートクレーコート土がベースのコート
コートグラスコート天然芝のコート
コートサービスラインネットとベースラインの間にあるライン(図参照)
コートサーフェースコート表面の材質
コートサイドライン左右の外側の線(図参照)
コートシングルスポールネットの高さを調整するポール
コートデュースサイドセンタラインより右側のサイド
コートセンターストラップネット中央の高さを調整するもの
コートハードコートアスファルトの上をコーティングしたコート
コートベースラインコートの一番奥のライン(図参照)

まとめ

以上、ルールと用語のまとめでした。

いきなり全部覚えようとしても苦しいので、プレーしながら、観戦しながらだんだんと覚えていけば良いと思います。

テニスは老若男女楽しめる素晴らしいスポーツです。

一緒に楽しんでいきましょう!

テニス知識をチェック!
テニスの基礎用語、マニアック情報をクイズ形式でチェックしてみましょう。

【初心者からマニアまで】テニスクイズにチャレンジ

関連記事はこちら

人気カテゴリー