【テニスに役立つ】室内でもできる自重トレーニング方法

                           

テニスは本気でやるとかなり過酷なスポーツです。

自分一人で走って打って、さらには打ち方もいろいろあり、全身の筋肉を鍛える必要があります

ただ強くても持久力がなければ試合には勝てません。

瞬発的に強い力を出せ、かつ疲れにくい筋肉が全身に必要になってきます。

学生時代は毎日のようにテニスをしていて特にこれといったトレーニングはしてきませんでした。コート内は常にダッシュというちょっと変わったサークルに所属していて、足腰も練習で鍛えられていたと思います。

社会人となり週末にゆるい練習しかしなくなりみるみる太り、動けなくなってしまい、このままではまずいと感じ平日に少し走るようにしました。

ジョギングだけでは足りないので、少し筋トレもするようにしました。ジムには通わず、自重
での筋トレです。

私が実施しているテニスに役立つと思われる自重トレーニングをご紹介します。

クラッピング・プッシュアップ

 

普通の腕立てよりもテニスに必要な瞬発力が鍛えられます。ジュニア時代テニススクールでやっていたトレーニングです。

縄跳び

省スペースで高効率なトレーニングができます。細やかなステップをする為に必要な筋肉が鍛えられます。肩のインナーマッスルにも効きますよ。地味ですが良い全身運動になるトレーニングです。

懸垂


これを購入して自宅で懸垂をと計画していたのですが、奥様に一蹴され、仕方がないのでジョギング後に公園の鉄棒を使用しています。広背筋に効き、サーブ力が上がると思います。

クランチ

 

動画の様にバランスボールを使用して実施しています。まだ綺麗には割れていません…
以上のトレーニングを身体と心の調子に合わせて実施しています。無理して体調崩すようなことになると本末転倒なので、無理せず、気楽にという感じです。
もっと効くトレーニングがあれば是非教えて下さい!

おまけ

現在のテニス界最高の身体能力と私が勝手に思っているモンフィス選手。こうなれればもうトレーニングやめます(笑)

ダンス編

 

もうテニス選手とは思えません

モンフィスのスーパーショット集

 

トリッキーなプレーを我慢できればもっと勝てるような気がするんですけどね・・・
それじゃあ魅力が半減しちゃいます。

うーん何度見ても尋常じゃない!

1日で良いからこの身体能力を体験してみたいですね。

お知らせ
テニスの試合に勝ちたい人へ向け、勝つためのヒントを「ネタ帳」としてまとめました。 試合に勝ちたい!と強い思いを持っている方は是非確認してみて下さい。

関連記事はこちら