【New Balance】HANZO ランニングレポート〜新調シューズの評価

                           


先日新調したランニングシューズ。その名も『HANZO
なかなかインパクトのあるネーミング。

スポーツシューズ大手NewBalanceの製品で、コンセプトは、日本人の足に合わせた作り(ちょっと幅広)で、『より速く』『より遠く』『より強く』と履けば忍者のようなフットワークが期待できる(かもしれない)シューズです。

早速履いて10kmちょい走ったので、「履き心地」「走り心地」についてレポートをしたいと思います。

デザイン

HANZO

 

HANZO

 

HANZO

 

HANZO

 

購入したのは最も派手なイエロー。
かかと部分にはハンゾーさんのワンポイントが配置されていて、メーカーの「推し」具合が伺えます(笑)

特徴

詳細は以下のメーカーHPに記載があるので、ここでは抜粋を。

持った瞬間に分かる圧倒的な軽さ

新調前に履いていたNikeのRacingシリーズも軽いと思っていましたが、それを超える軽さだと思います。(汗が染み込んで重くなってしまったという噂もありますが・・・)

 

踵部と前足部の高低差が少ない構造

文章での説明が難しいので、メーカーのサイトから図を拝借。

HANZO

 

図のように高低差をなくすことで、衝撃が少ない効率の良い走りへ近づけるとのこと。
実際履いてみると、足の裏が接地している面積が広く感じられて、平らだなという印象を持ちました。

履き心地

第一印象は『柔らかい』でした。

生地自体が柔らかく足を優しく包み込んでくれて、足の動きへの干渉は全くありません。

さらに軽いので素足感覚といっても過言ではないくらいです。

走り心地

新品なので当然といえばそれまでですが、反発力の良さとクッション性の高さを強く感じました。買い替え前のシューズに比べると強く蹴りあげられるような感触です。

またグリップ性の高さも特筆すべきポイントだと思います。

HANZO

 

このオレンジ色のトゲトゲがグリップ性の高さの源です。多分。
地面を蹴る力のロスが少なく、ストライドが伸びる感じがしました。

効率良く走れるのと高いクッション性のおかげで、走り終わりの疲労感が軽くてすみました。

店員さんから教えてもらったシューズ豆知識

シューズの寿命は?

だいたい600km-700kmが目安だそうです。
走る頻度や、距離等で変わるそうですが、だいたいこれ位で変えるのが良いらしいです。

買い替え前のシューズでは約600km走っているので、ちょうど良い頃合いでした。

ちなみにテニスシューズでもオムニ・クレー用シューズの買い替え時がイマイチわかりません。良い目安があったら、どなたか教えて下さい・・・

よりフィット感が増す紐の結び方

hanzo

 

↑のように、ラストの部分に一工夫いれます。
普通にクロスさせず、同じサイドの穴に通し、輪っかを作ります。
で、反対から持ってきた紐を輪っかの中に通し結びます。

こうすることで、通常の結び方に比べ足の甲への圧が分散され足へのフィット感がアップします。

ランニング界では普通なのかもしれませんが、私は知らなかったので共有します。

まとめ

値段も良心的で、非常に走りやすいのでオススメできるシューズです。

新製品特典ということで、『HANZOシューズケース』もいただきました。

HANZO

なくなり次第終了だと思うので、惹かれた方はお早めにどうぞ(笑)

 

管理人評価
評価日
評価対象
NEW BALANCE ハンゾー
評価
41star1star1star1stargray

関連記事はこちら