【NISSAN】SERENA試乗レポート〜新型セレナのプロパイロット(自動運転)を体験

                           
ATPツアーファイナル開催中!
錦織選手の活躍をWOWOWで応援しましょう!

様々な新技術導入で定評がある日産車。先日発表されたセレナには自動運転システム(プロパイロット)が導入されたということで、試乗をさせてもらいました。

プロパイロットはもちろん、運転者や乗る人の快適さを考慮したユーティリティー、装備が満載で感激しました。

車内の広さは今更レポートするまでもないですが、その広さをユーザーが使いやすいようにカスタマイズでき、中長距離乗るときにあったら良いなと思うものはほぼ揃っているので、家族や仲間と一緒に出かけるに大活躍すること間違いないですね。

撮らせてもらった写真を交え、新型セレナをレポートしたいと思います。

エクステリア

フロント〜サイド

セレナ

 

グレードはハイウェイスターだったので、スポーティーなルックスでかっこいいですね。

バック〜サイド

 

セレナ

 

このスライドドア鍵さえもっていれば、地面と車の間に足を入れるだけで手を使わずあけることが可能です。子供を抱っこしていたり、両手いっぱいの荷物があるとき助かりますね。

一部のグレードだけの機能らしいので、ご確認ください。

 

後ろ姿

セレナ

ハーフバックドアで省スペース化

セレナ

 

このタイプのミニバンはバックドアが長く後ろに壁や別の車がある場合、かなり気を遣わなければいけませんでしたが、半分だけ開けることを可能にし利便性を良くしています。

大人であれば荷物の出し入れは普通にできます。
小学校低学年位だとこの機能を利用して荷物の出し入れは厳しいかも。

ホンダステップワゴンもワクワクゲートという名で観音開きができるような工夫がされています。こちらは子供でも簡単に使いこなせる気がします。個人的には。

インテリア

インパネ/運転席周り

セレナ

 

3スポークのハンドルでこれまたスポーティー。ハンドル下側が直線になっているのは乗り降りする際に足がハンドルに当たらないようにするための工夫だそうです。
たんなるデザインかと思っていました。

 

 

セレナ

 

このナビは9inc大画面でめちゃめちゃ見やすい!
しかもBLUELAYも視聴可能だそうです。今時点では日産のみの機能らしい。

エアコン系のスイッチもコンパクトにまとめられていてきれいです。

 

セレナ

 

左側のコンソールが自動運転時には役立ちます。スピードメーターはデジタル式。シンプルです。

シートアレンジ

スマートマルチセンターシートと呼ばれる、シートになったり肘置きになったりするマルチに活用できる便利シートがあります。

セレナ
このように、1列目の肘置き兼荷物入れとしても活用できます。

セレナ

 

このように2列目の肘置きになったり、2列目のセンターシートになったりと変幻自在。

 

 

セレナ

 

2列目にセンターシートが無い時は幅をつめられ、2列目をより後ろへ下げられ、非常に伸び伸びした空間を確保することが可能です。

使用する家族や目的にあったシートアレンジが可能です。

追加装備にはなりますが、全席にUSB差し込み口を設けることも可能で、携帯やタブレットの充電/接続をサポートしてくれます。すごい!!

走り

基本は変わらずCVT

静粛性に長けているかといわれると…やはりハイブリッド車には及びません。シャトルやプリウスの方が静かです。

CVTなので変速時のギクシャク感はありません、なめらかに加速していきます。

お母さん方の運転を考慮していて、ハンドルは非常に軽い。シャトルやプリウスもそうですが、運転を楽しみたいぜというパパさんには物足りないかもです。おもちゃみたいで。

プロパイロットによる自動運転

プロパイロットが本領を発揮する高速道路を運転できませんでしたが、最先端技術を体験できました。

セレナ

 

たった2ステップで設定完了です。
車が前方の車を認識すると表示が青くなり、自動追従を開始します。前の車との車間距離をキープし、前の車が止まれば自動で停止します。

運転手がブレーキを踏むとプロパイロット機能は停止され、マニュアルモード?というか普通に運転手の運転へと切り替わります。

最初はビビってブレーキを踏んでしまいましたが、減速を自動でしっかりとやってくれるので後半は任せることができました。

プロパイロットは車線も認識して自動で曲がったりしてくれるみたいなのですが、今日の試乗コースでは機能が作動せず、体験することができませんでした。残念。

昔ナイトライダーという番組で車がしゃべって、自動運転するという番組があり、はまって見ていましたが結構近づいてきているかも。。。

車にIBMのワトソンとか搭載すればあの車が現実のものになるかもとか思っています。

お値段

セレナ

 

試乗車のグレードと同装備プラスバックグラウンドモニターもつけて約435万!
しかも今はまだ値引きできないということで、結構ですねー

試乗した日が発表から4日目でしたが、その店ですでに6台売れたそうです。
やはり人気があります。

まとめ

とにかく荷物や人がたくさんのせて快適に移動したい、という方には最高ですね。

MAZDA車のような、ドライバーが運転を楽しむというコンセプトはありませんので、好き嫌いは極端に分かれそうです。

自動運転という技術は純粋にすごいと思いました。この機能を全ての車が搭載すればGWもお盆もSWでも高速道路渋滞が発生しなくなるかもしれません。

楽に快適に荷物や人を積んで運転したい方におすすめです。

まだディーラーで査定しているの?
車を買い替える時の下取りどうせなら高く買ってもらいたいですよね。

ディーラーに任せれば楽ですが、マージンが引かれてしまい高く売ることができません。

でも自分で査定をするのはちょっと大変だな・・・という方に朗報です。

DMM AUTOなら「車体」「メーター」「車検証」の写真をスマホで撮って簡単な質問に答えるだけで査定できちゃいます。

簡単に、少しでも高く車を売りたい方は要チェックです!

関連記事はこちら