テニス経験が浅くても試合に勝つ方法〜初心者・初級者用作戦

                           
ATPツアーファイナル開催中!
錦織選手の活躍をWOWOWで応援しましょう!

夏休みシーズンになりました。

春からテニス部に入りテニスを始めた方や、スクールに通い始めた方がいらっしゃると思います。だんだんボールとのタイミングが取れてきてラリーが続くようになり、テニスが超楽しくなってくる時期ではないでしょうか。

秋になると学生の方は新人戦や学内の試合、団体戦、社会人でも市民大会や県大会と試合シーズンに突入します。

テニス初心者・初級者は試合となると自信がなくて不安になってしまうことがあると思います。

でも安心して下さい。誰でも最初は初心者です。試合経験を積んで強くなっています。

本記事では私の経験から試合に勝つための作戦・方法・基礎テクニックをご紹介したいと思います。

試合前の準備

試合前日にはどういうプレーをするかプランを決めるようにしましょう。

テニスの試合経験が浅ければ、『自分からミスをしないよう真ん中に深く返し続けて相手のミスを待つ』とか『永久に相手のバックハンドを狙う』といったように明確で実現可能なプランにします。

このプランがあると試合中真っ白になって何をすれば良いのかわからないといった精神的危機になりにくくなります。

このプランニング時点で打ち方に意識を向けないようにした方が良いです。

例えば、『明日の試合ではフォアのテイクバックで打つ面をフェンスの方に向ける』とか『サーブのグリップはこう持ってインパクト後のプロネーションを…』というプランは試合中に自分を見失う確率が高くなります。(経験上間違いありません)

相手を想定していないプランになってしまい、どこに打つとか、どのくらいの力で打つとかが考えられていないので、パニックになるのです。

相手を想定したプランニングを実施して下さい。

 

試合中に考えるべきこと

Bouchard

確率

まずは確率です。テニスは速いサーブやフォアが打てれば勝ち!という競技ではなく、ネットをはさんで定められた範囲内に確率良く多く返せた人が勝ちます。

1球でも多く相手コートへ返せれば勝てます。

日本/世界のトッププロもこのことを考えて試合に臨んでいるようです。

プランが実行できているか?

事前に考えていても重圧や雰囲気にのまれ、プランを忘れてしまうということはよくあります。

アニメの影響か最近はテニスノートが普通になっていますね。

持っている方はそこに書いておき、コートに入ったら必ず見るというようなルーティーンを作ると忘れることもないでしょう。(ノートがなければ、紙切れでもなんでも目につくようにしておけばok)

プランが有効に機能しているか?

『相手のバックを永久に狙う』をプランとしていたとして、相手がバックを苦手そうにしていてリードしているのであれば、そのままで勝てます。

しかし、相手はバックが強く、リードされてしまっていたらそのままでは高い確率で負けます。

プランが通用しているかしていないかを分析し、通用していなければ、フォアを狙ってみるとかプランを変えましょう。

この嗅覚は試合経験を積めば身についてきます。

そして、複数のプランを引き出しとして持つことができ、切り替えられれば、中級者/上級者となっていけます。

ただ何も考えず打つのではなく、勝つための一手としてボールを打つ意識があれば、この一手が弱いからここを重点的に練習しよう!という明確な練習目標が生まれますので、上達も早くなります。いいことづくめ!

勝つために絶対磨いておきたい基礎テクニック

スマッシュ

テニスの中でポイント取得率が最も高いショットはスマッシュだと思います。(入れば)

初級者はロブが上がると下がって落としてラリーを継続という展開が多いです。

これは得点チャンスを自ら逃しているので、もったいないです。

スマッシュは難しい!と思われがちですが、練習量が少ないだけだと思います。

スマッシュが苦手な方は練習メニューに最低20-30球はスマッシュを取り込んでみて下さい。
だんだん感覚が掴めると思います。

スマッシュで決める為の簡単な作戦

相手のバックハンドにムーンボールを送ります。初級/中級者の多くは同じ弾道で返してくることので、前へ詰めていきスマッシュでポイントを取るというものです。

作戦成功のコツは、ムーンボールを打ってすぐ詰めると相手も警戒して回り込んできたりするので、ムーンボールを送って相手のグリップがバックになったタイミング位に一気に詰めていると、成功率が上がります。

こちらはゆったりな球を送っているので焦らずとも時間はありますので大丈夫です。

まとめ

繰り返しになってしまいますが、テニスは相手がいるスポーツなので、打ち方のことを考えているとなかなか勝てるようになりません。

打ち方よりも相手のコートのどこにどれくらいの強さで入れるかという方が重要です。

初心者/初級者のうちからそこにフォーカスして練習できるときっとすぐ勝てるようになると思います。

tips

私が長年テニスの試合に挑戦してきて培った試合に勝つためのヒントをまとめました。試合に備え準備しておいた方が良いもの、ウォーミングアップで相手のどこを見るべきか、試合中に調子が崩れた時の対処法等、知っておくと役立つネタを集めました。

テニス初心者/初級者の人にこそ活用していただきたい内容となっています。

興味があったら読んでみて下さい。

関連記事はこちら