【トロライン 】キャビアとアブソルートを徹底比較 [細ゲージポリ]

日本テニス市場の新興勢力、トロライン (TOROLINE)のストリング、

✅ キャビア
✅ アブソルート

の2種を「打球感」「回転性」「反発性」「耐久性」「テンション維持性」の観点でガチンコ比較をしてみたいと思います。

トロライン キャビア インプレ

キャビア

トロライン アブソルート インプレ

アブソルート

まず、両方の特徴として、

  • 細ゲージ(120)
  • ストリングの断面形状が6角形

が挙げられます。

もっとあからさまな違いがあれば、「こんな感じなんだろうなぁ」と想像しやすいですが、似通っていて想像しにくいですよね。

私も実際に打つまでは、

細ゲージだから「反発性」が高くて、多角形状だから「回転」もかけやすいのかな・・

これくらいしか想像できませんでした。

実際に両方を試して、あからさまな違いを感じることができたので、詳細をまとめていきます。

トロライン ストリングに興味がある方は目を通してみて下さい。


打球感の違いは?

トロライン キャビア インプレ

キャビア

 

トロライン アブソルート 耐久性・テンション維持性

アブソルート

一口感想

▶️ キャビア:歯切れの良い爽快な打球感
▶️ アブソルート:「乗り」の強いしっとりした打球感

どちらにも共通しているのが「柔らかい」ということ。

柔らかさがありつつ適度な反発があるのが、キャビア。

柔らかく「乗せて」コントロールするのが、アブソルート。

なので、アブソルートの方がずっしりした打ちごたえのある打球感となります。

管理人

ゲージは同じですが、印象は大きく違い、正直結構びっくりしました!

回転のかかり具合は?

一口感想

▶️ キャビア:引っかかり感が強く良くかかる
▶️ アブソルート:十分な回転はかかるが引っかかり感はそれほどない。

細ゲージということもあり、どちらも回転性は高いです。

違いとして感じたのは、「引っかかり感」です。

キャビアの方が多角形状らしい「ジャリッ」とした引っかかり感がありました。

アブソルートは「乗せて」回転をかける感じです。

管理人

コントロール重視ならアブソルート優位だと思います。僕は・・

反発性は?

一口感想

▶️ キャビア:適度なアシストあり
▶️ アブソルート:乗せて自分で運び出す感じ

両者の最大の違いはここ「反発性」だと感じました。

くどいかもしれませんが、アブソルートは「乗る」ので自分で運び出す必要があり、キャビアよりもパワーが要ります。

飛びをアシストしてくれて、楽できるのは「キャビア」ですね。

管理人

どちらにするか悩んでいる方は、ここが大きな違いなので、好みの方を選んでくださいね。

耐久性は?

トロライン キャビア 耐久性

キャビア

トロライン アブソルート 耐久性・テンション維持性

アブソルート

一口感想

▶️ キャビア:(個人評価で)中の上
▶️ アブソルート:(個人評価で)中

アブソルートの方がノッチが早く出ましたね。(食いつくからかな・・)

120という細ゲージですが、私程度の週末プレーヤーであれば全然問題のない耐久性があります。

アメリカ出身のブランドなので、向こうのパワーにも耐えられる設計になっているんだと思います。

テンション維持性は?

トロライン キャビア テンション維持性

キャビア

トロライン アブソルート 耐久性・テンション維持性

アブソルート

一口感想

▶️ キャビア:2週間で緩みが気になる
▶️ アブソルート:同上

ポリの細ゲージなので、緩みやすいのは「運命」なのかもしれませんが、僕がトロライン ストリングで唯一気になる点です。

打ち始め(張りたて)の打球感が良いので、劣化を感じやすいという説もありますが。

トータル評価

トロライン キャビア 評価
トロライン アブソルート評価

私の感覚で評価したレーダーチャートです。

ご参考までに。

まとめ

以上、トロライン 「キャビア」と「アブソルート」の詳細比較でした。

⏩ オールラウンドに扱いやすいのが「キャビア」
⏩ ストロークのコントロール重視なら「アブソルート」

が適しているように感じます。

僕は「キャビア派」です!

  • 柔らかさ
  • 引っかかり感
  • 反発

のバランスに魅了されました。

トロラインストリングに興味が出てきたら、下記からご確認下さい。

【キャビア】

【アブソルート】

それぞれの詳細インプレはこちらです。

【トロライン】キャビア(CAVIAR) インプレ・レビュー 【ライバルは?】

トロライン アブソルート インプレ

【トロライン】ABSOLUTE (アブソルート) インプレ・レビュー

テニスギア診断
5つの質問に答えて、あなたにぴったりのラケットやストリングを診断してみませんか?

何が自分に向いているのかな・・?と迷われている方はサクッと遊んでみて下さい。

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー