Bow Brandのグリップテープ 手触りと耐久性が最高な件

                           

今更ですが、Bow Brandのグリップテープを初めて巻いてみました。

これまでは定番中の定番、「YONEX ウエットスーパーグリップ」一筋で10年以上使っていました。

巻きたてのウェット感が好きで使い続けていたのですが、2週間(2時間の練習4回程度)も使うとだんだん破け始めてきて、「耐久性がイマイチだな」と感じていました。

管理人

昔の方が長持ちした気がするのは私だけでしょうか・・・?

そんな中テニス仲間のグリップを見てみると「Bow Brand」を巻いている方が数名いて、皆評価がすこぶる高い。

実際に触った感じもウェット感があり好きな感じだったので、購入して使用してみることにしました。


Bow Brandってどんなメーカー?

Bow Brand

ナチュラルガットを製造しているイギリスのメーカーです。

日本ではマイナーなガットなので、相当な拘りがある方以外使っていないと思います。

ガット以外にもハープの弦を製造していて、世界シェアの7割を占める世界一のメーカーです。

Bow Blandのグリップテープ 手触りは?

Bow Bland

 

巻きたてのウェットな感じはYONEXのウェットスーパーグリップと大差ありませんが、Bow Brandの方が少しキメが細かくて少し上品な感じ。

気持ち良く握れる良いグリップだと思います。

耐久性は?

まず最初に2週間使用したYONEX ウエットスーパーグリップの様子をご覧下さい。

YONEXウェットスーパーグリップ

こうなるとウェット感がほぼ無く、カッサカサです。

写真はないのですが初回の練習だけでも少し破けている箇所が見られました。

次はBow Brandの様子です。

bow bland

巻きたて

bow bland

2時間練習後

bow bland

4時間練習後

だんだん色が濃くなる部分が現れてきましたが破れている箇所は全くありません。

しかもウェット感もまだまだ健在。

耐久性に関してはYONEXのグリップを大きく上回る評価です。

価格は?

私が購入した店舗では、

  • Bow Brand:¥1080
  • YONEX:¥800

で販売されていました。

それぞれ3本分の価格です。

Bow Brandの方が若干高いですが、長く使えそうなので問題ない価格差ですね。

ちなみに、グリップのカラーは、

  • ホワイト
  • イエロー
  • ブラウン
  • ピンク
  • グリーン
  • ブルー
  • ブラック
  • ワインレッド

がある模様です。(価格は全て同一)

私が巻いたのはブルーになります。

まとめ

Bow Brandのグリップテープの評価でした。

ウェット感が長く続くというのが最大の長所だと思います。

ウェット系の感触が好きな人でまだ使ったことがなければ、是非試してもらいたいグリップテープです。

気になったら是非使ってみて下さい。

管理人評価
評価日
評価対象
Bow Brandグリップテープ
評価
51star1star1star1star1star

関連記事はこちら

人気カテゴリー