サービスでタメを作る方法〜軸足へのタメが重要?

こんばんは。

前日の試合での負けがやっぱり悔しく、翌日朝から壁打ちへ。
課題のサービスを改善すべく近所の壁へ向かいました。

強風で寒いなか先客が汗を流していらっしゃいました❗

人の事は言えませんが、好きですねーww

15分位でしょうか素振りをしていると、心優しい先客の方が場所を譲って下さいました。
この場をお借りして御礼を申し上げます。「ありがとうございました❗」


昨日の試合の反省点

プロの試合を見ていると、目の覚めるようなサービスエースが印象に残り、スピードに意識が向いてしまします。

昨日の試合でもサーブで相手を崩す予定が、1stでスピードを意識して確率が低くなってしまいました。

先日の試合記事はこちら。

【シングルス】草トー結果〜オムニでも威力のあるサーブを

1stが入れば良かったですが、結局2ndとなり相手を崩せず、前にも行けない悪循環でした。

本日の練習の確認点

去年あたり錦織選手がインタビューで『あんま攻められないセカンドサーブを手に入れたい』とコメントしてました。

ゆるいテーマだなーと思いましたが、この日の壁打ちでは『あんまラリー戦にもってかれないセカンドサーブ』をテーマに設定。(ミーハーです)

内容は、薄い当たりで入れにいくチョリンパ系スピンではなく厚い当たり(潰すイメージ)のスピンサービスを打つ練習です。

実際に打ってみた

肩から先(末端)を意識、具体的には手首のコックや、フォロースルーの方向の調整では力が乗らない感触。昨日と同様の感触です。

力を乗せるためには✊と雑誌やネットで勉強した知識をかき集め、ひざを深く曲げて・・・と試行錯誤をつづけていると、

管理人
おっ!!
なかなかいいかも!!という感触がありました。

題して『がに股サーブ』

いもネーミングですいません。
イメージとしてはガスケ選手です。(これまた失礼)

体重が前足だけではなく、後ろ足にもしっかり乗っていることが分かると思います。

自分の中のイメージとしては、がに股でいつもより右足へ(私は右利き)体重をのせ、タメをつくるイメージ。

タメなのでひざをただ曲げるとは違います。上体の捻りを加え、タメるのです。

この意識で同じようにスイングしても、打感が潰れている感触に変わりました。

また、壁に当たってからの跳ね返りも活きが良くなったので、効果はありそうです。

今日の相手は壁なので、実戦で使えるかわかりませんが、次回の練習で試してみます。

めちゃめちゃ跳ねて全部エースにならないかなー(この考え方が負ける原因か・・・)

サービスの精度向上には身体のメンテナンスも重要

正しいフォームで打てていても、筋肉が硬くなって関節の動きが悪くなっていると充分なパフォーマンスが発揮できない上、怪我を誘発してしまう恐れがあります。

私自身、メンテナンス後は肩が柔らかくスムーズに回り、サービスの威力が戻ったという経験があります。

ボールが走らない、調子がイマイチ、と感じている時はメンテナンスで改善されるかもしれません。

私は近所の「カラダファクトリー」で施術してもらいました。

細かいカウンセリングがあり、自分の歪みを的確に矯正してくれるのでおすすめです。

【初回割引あり】カラダファクトリーの予約はこちら >>


サービスのサプリメント
私がサービスの改良をしていく中で発見した、使えるテクニックやコツをギュギュっとまとめました。

サービスを改善させたい方は購読してみて下さい。

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー