【サービス】抑えが効かない時の確認点〜骨盤を立てて安定感アップ

ここ数回の試合や試合練習でサービスの感覚が良くなく、1ゲームに複数回のダブルフォルトを犯してしまう等安定感に欠けてしまっていました。

本人としては調子の良い時と同じように打っているつもりなのですが、ボールを運んでしまっているような、強いインパクトを感じることができないような状況。

タイトルにある「骨盤を立てる意識」で感覚が戻ってきたのですが、それまでになんとか立て直そうと試合中に色々意識をした中で、効果を感じた項目と、余り効果がなかった項目、調子が悪い時に意識した方が良い項目について記事にしてみたいと思います。


調子が悪い・・・どのような症状・感覚だったか?

  • 抑えが効かずオーバーのフォルトを連発
  • ボールをラケット面に乗っけて運んでしまっているような感覚(ボールが潰せていない)

惜しくもない位の距離のオーバーフォルトを繰り返してしまいました。
ついこの間調子が良かった時と同じように打っているはずなのに・・・

なんとか入れようと試行錯誤した項目

  • トスをより頭よりに上げ、スピンをかけ抑えを効かせる
  • スイング方向を意識的に横へ変え回転を重視

一応コート内に入れることはできますが、ボールを撫でるようなスピンになってしまい、リターンでぶっ叩かれて劣勢な状態からポイントを展開しなければならず、かなり辛い。

ダブルフォルトで失点をするよりはましですが、サービスゲームなのに防戦一方な展開となり良い結果が得られませんでした。

  • ワインドアップを省略しスイングをコンパクトにして強いインパクトを意識

サービスの入りが悪いことで自信がなくなり、ワインドアップからインパクトへのタイミングがバラバラに感じたので、ワインドアップを小さくコンパクトにしてインパクトを正確に捉えられるように意識。

普段は円を描くようなイメージでトロフィーポーズまで持っていきますが、コンパクトにするためそのまま上へ上げるようにしてみました。昔ファンだったオーストラリアのパトリック・ラフターのような感じ。

まあ、結果は当然イマイチ。

試合中に急に変えられるものではありませんでした。

  • 骨盤を立てた正しい姿勢を意識
  • 最後の最後までボールを見ることを意識

結論から言うとこの2点でかなり感覚が戻りました。

骨盤を立てる意識で変わったこと

federer

 

ラフターとフェデラー、構えやフォームは異なりますが、骨盤が立って軸が真っ直ぐになっていることが分かります。この意識で、以下の変化を感じました。

  • 足の接地面積が広くなった!?ような感じがして、「タメ」る感覚が強くなった!

右足(私は右利き)にパワーがのっている感覚です。

ボールを最後まで見る意識で変わったこと

インパクトの正確さが増したのか、ボールを潰している感覚が出たのと、打球音も調子が良い時のものに戻りました。

骨盤を立てることでタメた力を無駄なくボールに伝えることができるようになったのかなと思います。

まとめ

調子が悪いとなんとかしようと思って小手先?トスの位置とか、ちょっとしたスイングの方向に意識が向きがちですが、それで解決することはほぼない気がします。

今回も苦し紛れに調整をしましたが、結局良い感触が得られたのは、姿勢やボールを見ると言う超基本的なことでした。

今後もきっと訪れる不調に備え、超基本事項は忘れずにいたいと思います。

おすすめテニス教材

全てのショットの基礎になる身体の使い方についてはこちら

姿勢・脱力・視線の技術Ⅱ

サービスのレベルアップはこちらから

新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス

サービスの精度向上には身体のメンテナンスも重要

正しいフォームで打てていても、筋肉が硬くなって関節の動きが悪くなっていると充分なパフォーマンスが発揮できない上、怪我を誘発してしまう恐れがあります。

私自身、メンテナンス後は肩が柔らかくスムーズに回り、サービスの威力が戻ったという経験があります。

ボールが走らない、調子がイマイチ、と感じている時はメンテナンスで改善されるかもしれません。

私は近所の「カラダファクトリー」で施術してもらいました。

細かいカウンセリングがあり、自分の歪みを的確に矯正してくれるのでおすすめです。

【初回割引あり】カラダファクトリーの予約はこちら >>


サービスのサプリメント
私がサービスの改良をしていく中で発見した、使えるテクニックやコツをギュギュっとまとめました。

サービスを改善させたい方は購読してみて下さい。

関連記事はこちら

人気カテゴリー