【ダブルス】ボディ攻撃で具体的に狙うべき所知っていますか?

ダブルスの試合でよく使われるボディー攻撃。

やりすぎ注意!ですが、

  • 打つコースがない時
  • 相手の意表を突く時

に使える効果的な作戦です。

昨日の試合でボディ攻撃の有用性について改めて感じましたので、記事にしてみたいと思います。



サービスのコースやパッシングショットでコースを狙い過ぎてのミス、やってしまいませんか!?

私はしょっちゅうです(涙)

ペアとも良く話し合い、狙い過ぎのミスはもったいないから突き球で押してチャンスを待つという作戦を定めました。勝負を急がないという作戦です。

結果、自分達が落ち着いてプレーできましたしミスの少ない展開にもっていくことができ、有効な作戦だと思っています。

関連記事市民大会ダブルス出場〜試合に必要な準備

前衛がボレーしにくい突き球

突き球といってもコースが一定では読まれてポーチの餌食となってしまうので、ストレート(前衛)への展開も必要となります。

この時前衛がボレーをしにくい場所を狙えると、そこからチャンスが生まれる可能性が高まります。

具体的には図の場所になります。

ボディー攻撃

真正面って意外とバックハンドボレーで裁き易いですよね。

しかし利き腕の肩の位置ってどうでしょうか?

バックでも裁けないし、フォアもきついですよね。

この位置は突き球のみならず、ボレーで前衛を狙う際にも有効です。下手に足元だと上手くいなされることがありますがここはいなしにくい位置になります。

ただしここばかり狙うとちょっと険悪にある可能性も…

勝つためなので仕方ないのですが…

<突き球関連記事>

もう一つボディー攻撃で効果を感じたのがサービスです。

ボディーサーブが効果を発揮した理由

私はアドサイドでスピン系のサービスをワイドに打つのが得意(と思っているだけ)なのですが、ワイドに打つとクロスへ角度のついたきついリターンだったり、ストレートリターンだったりと、リターナーの打つコースが広がるというリスクがあります。

昨日はアドサイドで無理にワイドへ打たず、センターからボディー気味に寄せ、ペアのポーチでプレッシャーをかけるようにしました。

2ndサーブになるとポーチに出にくいので(サービス力不足…)コース重視で1stを調整し、確率良く入れられたのも良かったのかも知れまんが、相手の良いリターンを封じることができました。

後半は無理にストレートへ抜きにきてミスをしてくれる場面もありましたし。

まとめ

コースをついた華麗なエースに憧れますが、市民大会レベルの力量だと地味に相手の打ちにくい場所や、コースをつけにくい場所を狙い、ミスしてもらう方が勝利への近道だと思っています。

プロでも、2016年全豪4回戦、ジョコビッチ対シモンが良い例ではないでしょうか。

シモンがコースをつかずセンターセオリーで永久にラリーを展開し、ジョコビッチがイラついてミスるという流れ。勝ち切ったジョコビッチが流石ですが、ジミーな作戦でもヒジョーに効果があるんだなと痛感した試合でもあります。

明後日の残り試合も同じ作戦で、良い結果が残せるよう頑張ろうと思います。

ダブルスの配球術を詳しく解説したDVD

草トーキングとして有名なコーチによるダブルス強化DVDです。

ダブルスの猛者がどんなことを考えてプレーしているのかが解説されています。

関連記事はこちら

人気カテゴリー