【ダブルス】アドサイド リターンのコツと注意点〜右利き視点で

まず初めに・・・
本記事は右利き視点での書き方となっております。ご注意ください。

ダブルスでアドバンテージサイドを守っていて最も苦労しているのが、バックへのキックサーブです。
片手バックなのもあり、ライジングで処理するかロブで凌ぐかの選択しかなくなってしまい、完全受け身(サーバーの掌の上で転がされている感じ)となってしまっています。

それではサーバーの思う壺。サーバーに対してプレッシャーをかけないと気持ちよくサービスを打たせてしまうことになり、調子を上げさせてしまう可能性があります。

良いサーバーでもプレッシャーをかければ、意外なところから崩せる可能性があります。

私がリターンの時にサーバーへプレッシャーを与える為に工夫していることを幾つか挙げてみたいと思います。


相手にプレッシャーを与える為のリターンのコツ

1.フォアハンドで打つ回数を増やす

フォアハンドで打つ意味

一般的にバックハンドよりフォアの方が強い球が打て、相手にプレッシャーをかけることができます。相手がフォアに回り込むとこちらは強打を想定して多少なりともプレッシャーを感じます。ナダルもプレッシャーをかけるために積極的に回り込むと言っているそうです。

そのプレッシャーを相手に与える為、回り込みをお勧めします。

また、ダブルスであれば守備範囲が狭いので大げさに回り込むことが可能です。

フォアハンドで打つ方法

相手サーブがへなちょこであれば、特に対策をとらずとも回り込めますが、プレッシャーをかけたい良いサーバーのサーブになるとなかなか回り込めません。

しかし、リターンの位置を一歩ワイドに寄せるだけで、景観が変わり容易に回りこめるようになります。

もし一歩ワイドへ寄って、相手がセンターへズバッとエースを取ってくるようでしたら超上級者ですので、相手を褒めましょう。我々レベルだと一歩寄ったくらいではそんなに影響がないと思います。

2.中途半端に置きにいくリターンをしない

シングルスと異なり、とりあえず返すリターンは相手前衛の餌になってしまいます。しかもサーブを入れておけば勝てるなと相手に思われて伸び伸びプレーをさせてしまう可能性があります。

置きに行かず、しっかりとスイングをして相手コートへ打っていくことで厳しいコースへサーブを入れないと打たれるというプレッシャーを相手に与えることができます。

そのプレッシャーから相手のサーブのリズムが崩れるという可能性もあるので、しっかりと打つリターンをお勧めします。

3.ポジションを変化させる

1で挙げたこととも重なりますが、リターンのポジションをはじめ、前衛を下げ後ろ平行陣にしたりとちょっと変化をつけることだけでも効果はあります。

なんか企んでいるのか!?と思わせるだけですが、些細な事でも変化をつけることでプレッシャーを与えることができます。

相手が調子良さそうだ、なんとかペースを変えたいという時に試してみることをお勧めします。

リターンの注意点

こちらのリターンに対して当然相手も対策を練ってきます。リターナーにとって厄介なのがポーチですね。
これを避けようとコースを狙いすぎて、サイドアウトを量産してしまうのも、ポーチによる失点と同じです。ポーチというプレッシャーに負けてミスをさせられている状況なので。

ポーチに捕まったとしても、重い球(推進力と回転のパランスが良い球)が打てていれば、一発でエースとなる可能性はかなり低いので、前衛にぶつける位の強い気持ちで、真ん中に打ち抜くことを推奨します。

重いボールを打つために!手打ち改善方法

スイングスピードをあげる練習方法

まとめ

テニスは奥が深く良いショットが打てるだけでは絶対に勝てないスポーツです。

自分が良いプレーをするより、相手に実力を発揮させないような戦略があると試合に勝つ可能性がグッとアップすると思います。

よかったら試してみて下さい。

ダブルス戦術おすすめ教材

【テニス】ダブルス戦術らくらくマスタープログラム│ダブルスの試合で対戦相手をコントロールし、試合を支配する戦術『邪悪な配球』の秘訣を教えます!

関連記事はこちら

人気カテゴリー