市民大会ダブルス出場〜試合に必要な準備

本日は市民大会ダブルスに出場してきました。
この大会でBEST16まで残ると県大会の資格を取得することができます。

この資格をとるために年明けから練習してきました。

128ドローなので3回勝てば目標達成です。


本日のテニステーマ

今日のテーマは今までの練習や試合で効果を感じた以下の項目

突き球で相手のリズムにさせない

足からの力を生かしたフォアハンド

タイミングを合わせたリターン


試合結果

第1試合:6-1

前回の市民大会では出だしボロボロであっという間に0-3となりなにもできずに負けたという苦い記憶があるので、出だしに気をつけて試合に臨みました。
第一歩は相手のサービスにタイミングを合わせるリターン。
参考にしているマレーのような1歩2歩進みながらの大きめスプリットステップがはまり、良いペースですすめられました。
ペアもリターンミスゼロと固く展開できたと思います。

第2試合:6-2

シード選手でしたが、1試合目同様固く展開する方針で試合に入りました。
ポーチによく出てくる印象を受けたので、突き球をストレートに混ぜて相手の良いペースにさせないよう考えました。
相手のミスにも助けられて、なんとか勝利。

第3試合:7-6(5)

非常に気持ちの入った相手でやりにくかったです。

球筋がいつも練習しているメンバーのようなスピンの効いた球ではなく、フラットやスライスの低く滑ってくるような弾道で、苦労しました。

技術的には今まで練習してきた内容を発揮できたと思っています。

最後は気合だけでした…

最近競った試合はほぼほぼ負けていたので、気持ちで競り勝てたのは大きいです。自信に繋がります。

そういうわけで、なんとか県大会の資格がとれ2日目へ駒をすすめられました。

試合の際準備すべきもの

今日の試合で、準備しておけばテニスのパフォーマンス維持に繋がりそうと感じた項目をいくつかあげてみたいと思います。(ドリンクやスペアラケットといった基本的なことではなく)

絆創膏やテーピング

今日知人が試合中マメを潰してしまい、応急処置グッズを依頼されましたが誰も持っていなくて辛そうにプレーをしていました。
試合となると余分な力が入ってしまうことがあり、普段はできないマメができたりと負傷をする確率が上がります。応急処置ができれば、安心してプレーできますから準備しておくにこしたことはありません。

食事

一般の市民大会は勝ち残ると、朝から夕方までみっちりという環境が多いと思います。
試合をすると空腹感を感じにくくなり、簡単な朝食を家で摂った後ドリンクだけで夕方までということが私は結構ありました。(今もたまに)

今日は偶然集合が昼だったので、朝食を家で摂った後、会場近くの松屋で昼食を摂って試合に臨むことができました。

今日の第3試合で競り勝てたのはこの食事がけっこう大きいのかもとか思っています。
疲れはありましたが、最後まで集中できたので。

朝から試合がある日でもバナナあたりを必ず摂取するようにすれば、パフォーマンス維持には繋がると感じています。

↓のようなバナナケースも活用すれば、押しつぶされる心配もありませんね。

技術ばかり意識していてこのような土台部分をおろそかにしていました。(反省)

具体的な試合目標・作戦

今日はペアと試合の進め方、作戦について十分検討して臨めたと思います。
最近全然勝てない状態が続き、色々改善策を試し手応えのあった作戦を残して練習してきました。

それを実戦で試すだけだったので、ミスをしてもぶれなかったし、どうしたら良いかわからないパニック状態に陥らずにすみました。

これらのことは私がいまさら気付いただけで、既に実践されている方が多いかと思いますが、準備に力をいれていなかった私みたいな方にオススメできます。

ちょっと気を使って準備すれば、パフォーマンスが維持できるのですからやらない手はないですね!

おまけ

がんばった足

IMG_1684.JPG

後半ちょっと痛かった…

変な日焼け

日焼け
夏が始まりました(笑)

<5/3追記>

twitter繋がりの方から貴重なアドバイスを頂きましたので、追記致します。
写真にも載せた通り、足にマメができてしまい、後半少し痛みを感じていました。

これは、同じ靴下を長時間履き続けたことで足がふやけてしまい少しの擦れでマメができやすくなってしまうとのこと。試合の度に新しい乾燥した靴下に履き替えることで、マメができにくくなるそうです。

長年テニスをしてきましたが、知りませんでしたー

本当に貴重な情報をありがとうございました!!

試合準備道具に追加決定!

お知らせ
テニスの試合に勝ちたい人へ向け、勝つためのヒントを「ネタ帳」としてまとめました。 試合に勝ちたい!と強い思いを持っている方は是非確認してみて下さい。

関連記事はこちら

人気カテゴリー