【理想と現実】厚い当たりのトップスピンで陥りやすい?勘違い3つ

「厚い当たりのトップスピン」で相手を追い込み前へ詰め、ボレーでとどめを刺す!!

私が理想とするポイントの取り方です。

ただ現実は・・・

❎薄い当たりの威力の無いスピンで前へ詰め、完膚なきまでに抜かれる
❎厚い当たりだけどスピンがかかってなくてアウト・・

みたいな展開が多く、理想のパターンでポイントがとれるのはごくわずか。

ちょっと基本がなっていないんじゃないかと研究と練習を重ねている中で、

管理人

これまで正しいと思っていた「厚い当たりのトップスピン」の打ち方(意識)がちょっと違うのでは・・・?

管理人

本質から外れた意識が強すぎるので上手くいかないのでは?

という疑惑を持つようになり、意識を変えてみることにしました。

現在進行形で改善中ですが、安定感は向上している気がしています。

本記事では、厚い当たりのトップスピンを打つに当たり

✔︎私が犯していた勘違い
✔︎どのような意識に変えたのか?

を、まとめてみたいと思います。

同じ感じのお悩みがある方はサラッと読んでみて下さい。


【勘違い.1】オープンスタンスで体の回転で打つ

Embed from Getty Images

 

🔼 画像のように、

「身体の回転をボールにぶつける、そのためにはオープンスタンスでなければ!」

という勘違いをしていました。

この意識だと、

✅身体が回りすぎでバランスを崩しやすい
✅打点が定まりにくく安定感にかける

というデメリットが発生します。

【勘違い.2】フィニッシュは腰の位置であるべき

Embed from Getty Images

 

「強烈な回転をかける為にはワイパースイングで、フィニッシュが腰の位置に来るのが理想」

みたいな情報を信じて実践しようとしていました。

が、なかなか目指すショットは打てません。

フォアのアドバイスをたくさんの人にいただき、指摘される内容の多くが、

✔︎「小手先で操作しているように見える」
✔︎「当たりが薄い気がする」

というもの。

ラケットヘッドを立たせる動きは回転をかける為には必要な要素です。

ワイパースイング

ですが、画像の様なスイング軌道では「押し」の要素が少なく、カスレ当たり(薄い当たり)になる原因と考えられます。

これも「うわべ」だけを真似した勘違いといえます。

【勘違い.3】スイングスピードは速くなくてはならない

トッププロや県上位者をみると、これまであげた

  • 鋭い身体の回転
  • ワイパースイング

を駆使して、スイングスピードが速く、回転と推進力が両立した良いボールを打っています。

「じゃあ俺も!」

とスイングスピードを上げることに集中してしまうと、ボールは不安定になってしまいます。

これも厚い当たりのトップスピンの本質とは関係のない要素。

厚い当たりのトップスピンの本質

じゃあ、厚い当たりのトップスピンの本質は何?

というと、以下の図のように非常にシンプル。

厚いあたり

「ボールの軌道に対して垂直」に当てて、順回転をかけるというもの。

✔︎身体の回転
✔︎腰の位置のフィニッシュ
✔︎スイングスピード

これらができていなかったとしても、打つことはできます。

今気を付けていること

「ボールの軌道を予想し、ラケット面と垂直になるように当てる」

多くの場合ボールが落ちてくるところを打つので、少し面が上を向かせる意識をもって触るようにしています。

あとは、インパクトがブレないように、

✅ 身体は捻って戻すだけ

を意識。

これは、

▶️ 身体の回し過ぎを防止する
▶️ 軸とバランスを保ちやすくする

するためのポイントです。

感覚的には戻した時に生まれる遠心力で、肘から先を走らせる感じ。

肩を回す意識も試したんですが、これだと身体が大きく回ってしまいミート率が低かったので、肘から先を意識することにしました。

まとめ

私の勘違いポイント

☑️オープンスタンスで体の回転で打つ
☑️フィニッシュは腰の位置になるように打つ
☑️スイングスピードは速く

どれも正しい基本があって、「結果として」こうなるのであれば、問題ありません。

おかしくなるのは、どれかを誇張しすぎてバランスが崩れてしまうことに原因があると思います。

厚い当たりで大事なことは、インパクト時の「ボールの軌道とラケット面の角度」です。

本質はスーパーシンプル。

勘違いをなくし、安定した良いボールが打てるよう練習に励もうと思います。

シンプルテニスシリーズ

元全日本ダブルスチャンピオンが監修している、

「シンプル」にフォアハンドを強化するポイントがまとまっている教材です。

遠回りせずに上達したい方にオススメです。

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー