ドミニク・ティエム 選手の使用ラケットやプレースタイルを動画と共にご紹介

                           

2015年位から錦織選手より下の年代の活躍が目覚ましいですね。

安定した強さという点ではBIG4やベテラン選手に劣りますが、若い世代がシード選手を倒したりすると世代交代を感じ、寂しくもワクワクさせられます。

ティエムを筆頭に、キリオス、チョリッチ、ズベレフと次世代選手が活躍している中、西岡選手も喰らい付いてトップ争いを繰り広げていただきたいものです。

全仏ベスト4をはじめ先週メルセデス・カップで今季4勝目を飾った、今最もノっているティエム選手を勝手に分析してみたいと思います。


プロフィール

  • 身長:185cm
  • 体重:82kg
  • 国籍:オーストリア
  • 利き腕:右(片手バックハンド!)

 

テレビで見るとあまり大きく見えませんがしっかり185cm。

あのビッグサーブも納得です。

主な成績

2016年

  • アルゼンチンオープン優勝
  • リオオープンbest4
  • メキシコオープン優勝
  • BMWオープン準優勝
  • BNLイタリア国際best8(錦織選手に敗退)
  • ニースオープン優勝
  • 全仏オープンBEST4
  • メルセデスカップ優勝

輝かしいですね〜。

2016年6月17日時点での男子最終戦ランキングは錦織選手を抜いて4位となっています。

またBNLイタリア国際とメルセデスカップではフェデラーに勝利しているというのも見逃せません。

ウィンブルドンも暴れてくれそうです。

2018年

  • アルゼンチンオープン優勝
  • マドリードオープン準優勝
  • リヨンオープン優勝
  • 全仏オープン準優勝
  • サンクトペテルブルグ優勝

全仏オープン4回戦での錦織選手との試合は印象に残っていると思います。

錦織選手のストローク力をも打ち抜いたパワーは凄まじいものがあります。

錦織ティエム

【全仏2018】4回戦 錦織vsティエム クレー巧者対決の見どころはココ

2018-06-02

2018年クレーシーズンで唯一ナダルに勝った選手です。

全仏決勝ではやられてしまいましたが・・・

使用グッズ

ウェア

adidas契約です。

Embed from Getty Images

 

アディダス公式オンラインショップはこちら

→アディダス オンラインショップ

ラケット

ティエムがこの白ラケットを使い始めた頃は、世界中!?の注目を集めました。

Twitterでは『project one 7』とかなんとか・・

ティエム

結果としてはピュアストライクの後継でした。

『project one 7』とは2017年へ向けた企画だったようです。

インプレはこちらです。

関連記事:【BABOLAT】ピュアストライク インプレッション

プレースタイル

若い選手には珍しい片手バックハンドを打つ選手です。

フォア・バックとテイクバックは大きく強いスピンをかけたショットを放ちます。

同郷のムスターのようなシコリ系ではなく現代風なアグレッシブショットですね。

サービスも最速233kmと超速いですが、フラット系よりスピンを重視したスタイルに見えます。

オーストリアという国柄、クレーに強い選手といえると思います。

でも芝でフェデラーに勝っちゃうし、サーフェース関係なく強い!

動画感想

荒削りっぽい印象を若干感じますが、十分強い。

軸が通った状態で、フォアハンドの豪快なスイング。

ガスケやワウリンカの方が芸術的な感じがしますが、シングルバックハンドで安定感と攻撃力が兼ね備わっています。

サービスは足を寄せないタイプの打ち方です。右足へ十分なタメを作り(体の捻りもしっかりと行われて)、尋常ではない量のスピンがかかった球が推進力をもって飛んでいっています。

画面でも跳ね方が尋常ではないのがわかると思います。

目指しているサーブに近いです。身体を壊さない程度で参考にしてみようと思います。

まとめ

ナダルの次のクレーキング候補です。

2016年ウィンブルドン前哨戦でフェデラーにも勝っちゃってますし、クレーのみの選手ではありません。

今後の活躍に期待したいですね。

テニスのLive中継見るなら
テニスをLiveで観戦したい方に向け、「WOWOW」「DAZN」の配信内容とサービス内容を比較しました。

加入を検討している方は目を通してみて下さい。

関連記事はこちら

人気カテゴリー