【バックハンドスライス】有名選手動画からコツを分析

春の大会で負けてからサービスとフォアハンドの改良に力をいれて練習を重ねています。

少しづつイメージが掴めてきて、課題はたくさんありますが良い感じであります。

しかし試合やポイント練で上手な人と対戦すると、上手く自分のバックにボールを集められ劣勢な試合展開を強いられることが判明しました。(いまさら・・・)
練習しているショットを打たせてもらえない展開です。

もう少しバックハンドで我慢ができる(相手に攻め込まれない)ショットが打てれば、強い相手にももう少し善戦できそうです。

オムニコートで相手から攻め込まれないようにする為には、弾みにくいコートの特性を利用できるスライスショットが有効かも!?と思い、有名選手動画からスライスのコツを集めてみました。


スライスショットのメリット

  • ボールが弾まない為相手から叩き込まれにくい
  • 滞空時間が長く自分の体勢を立て直す時間を稼ぐことができる
  • 体力を温存できる

最後はちょっとショットのメリットではない気もしますが(笑)重力に逆らって上へ振るより重力に従ったスイングの方が楽です。

あげたメリットを享受する為には、アンダースピンがしっかりとかけられていることが重要です。活きたスライスを打つ為、スライスのコツを説明している動画をいくつかご紹介します。

スライス動画紹介

<スライス神>鈴木貴男選手の解説動画


私が自分でできていないなと感じた部分は、横向きをしっかりとキープするという点です。
解説にもある通り、ボールの行く先が気になって体の開きが早くなってしまっていると思います。

鈴木貴男

このように左足を右足の後ろから前へ運ぶフットワーク(キャリオカステップ)で体を開きを抑止しています。
見習わないと!!

<みんラボ>近藤選手と内田選手によるスライスのコツ

両選手ともにボールに対しかなり勢い良く当て、アンダースピンをかけることを意識しているようです。

スライスはのせて運ぶものだという固定観念を持っていましたが、両選手の動画や意識を聞くとどうもそんなこともないような気がします。

ちょっと練習してみる価値はありそうです。

<みんラボ>駒田研究員による打ち分け動画

もうひとつ自分に足りない部分が見つかりました。それは状況に応じて異なるスイングでスライスショットを打つスキルがないということです。

今まではこの動画でいう、ゆったり打つ方のスイングだけで頑張っていました。

まとめ

これから以下の項目に注意をおいて練習してみます。

  • 体を開かない
  • 強く当ててアンダースピンを強くかけるスイングの習得
  • 強く当てる時ゆったり運ぶ時の選択を意識して打つ

効果・成果・気づきがあったらまたブログで報告します!

おまけ

鈴木貴男選手のスライス教材

【送料無料】 鈴木貴男の『TAKAOS TOP GUN TECHNIQUE』 -スライス編-
価格:19800円(税込、送料無料)

 

 

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー


ショートムービー