【ダブルフォルトをなくす】サービスゲームの組み立てとメンタルの持ち方

                           

試合の流れを左右するダブルフォルト。

競った試合、すごく長いラリーを制しやっと奪ったアドバンテージをダブルフォルトで失った時の精神的ダメージは結構大きいです。

逆に相手にとってはめちゃめちゃラッキーポイントです。

こういうポイントで流れは簡単に失われるので、大事なポイントで確実に入るサービスを打ちたいものです。

私自身昔はけっこうムラがあり、「ダブルフォルト連発病」を発症することが多かったのですが、

  • 再現性の高いセカンドサービス(技術)
  • サービスゲームの組み立て(戦略)
  • 上手くいかない時の考え方(メンタル)

 

それぞれに向き合って改善をしていったところ大分安定したサービスを打つことができるようになりました。

本記事では練習では入るのに試合になると確率が下がってしまうという方に向け、ダブルフォルトを減らす方法についてメンタルと戦略の観点からまとめてみたいと思います。

ダブルフォルトを極度に恐れていませんか?

フォアハンドミスの失点ダブルフォルトの失点、どちらも同じ1ポイントです。

ですが、ダブルフォルトの方が凹み具合が大きい気がします。

なのでセカンドサーブになるとガチガチになってしまい、普段通りの弾道で飛ばせないという事が多いです。

ちょっと面白い情報があったのでシェアします。

記事を見ると、どの選手も1試合3回位のダブルフォルトをしちゃっています。

世界のトッププロでさえダブルフォルトはやってしまうミスです。

あまり自分を追い込まず気楽に試合を楽しみながら打つことをおすすめします。

自分のナイスサーブが基準になっていませんか?

サービスが得意な人に多いかもしれません。

自分の中の良いサーブが調子の基準になってしまって試合で全然入らなくなるパターン。

ここで、

「いやいやこんなはずじゃない!」

とがむしゃらになって打ってしまうと負のスパイラルにはまりやすくなってしまいます。

経験上、がむしゃらになって調子が戻ったことはほぼありません。

こういう時はナイスサーブに拘らず、

今日は調子が良くないから1stの確率を重視しよう

のような感じで切り替えるようにしましょう。

切り替えることで冷静なメンタルとなり、確率を上げることができると思います。

サービスからの3球目を意識する

「サービスで相手を崩してそこから攻撃」

としか考えてなかった頃は1stサービスの威力に頼ってしまい、確率の低い1stとなってしまい、入れるだけの2ndだったりダブルフォルトを犯すことが多い状態でした。

この状態を改善するために考え方を、

「サービスをワイドに入れてオープンコートにアプローチ」

というように変え、リターンが返ってきてからの組み立てまで考えるようにしたところ、無茶な1stサーブが減り結果としてダブルフォルトも減らすことができました。

セカンドサーブからの展開を意識する

「セカンドサーブは入れるだけ、後は出たとこ勝負!」

これでは、セカンドサーブを入れることだけがゴールとなってしまって重圧がのしかかってしまいます。

セカンドサービスに自信がなければなおさらです。

「セカンドは入って当然」という思考にすると余計なプレッシャーから開放されます。

先ほどの3球目を意識することと類似しますが、セカンドサーブが入った後の展開を意識すると練習通り打てるようになると思います。

練習の時から「セカンドサービスからの組み立て」を意識できれば良いと思います。

まとめ

ダブルフォルトを減らすために有効なメンタルの持ち方戦略についてのまとめでした。

  • 気楽に打つ(ダブルフォルトを恐れすぎない)
  • 状況によって臨機応変に対応する(ナイスサービスに拘りすぎない)
  • 3球目を意識する(サービスの威力に頼らない)
  • セカンドサービスを単体で考えない(ポイントの中の一部として打つ)

 

サービスに苦労している方の参考となれば幸いです。

ダブルフォルトを減らす為のサービスの打ち方と練習方法についてはこちらにまとめていますので、合せてどうぞ。

【ダブルフォルトをなくす】再現性の高いサービスの打ち方と練習方法

2018.11.21
サービスのサプリメント
私がサービスの改良をしていく中で発見した、使えるテクニックやコツをギュギュっとまとめました。

サービスを改善させたい方は購読してみて下さい。

関連記事はこちら