Hondaスマートキーシステム点検 原因と対応と修理料金

                           

ホンダ車にお乗りでスマートキーをご使用の方にプチ情報です。

3ヶ月位前からでしょうか。

エンジンを起動すると「Hondaスマートキーシステム点検」というアラートが表示されるようになりました。

スマートキー点検

最初は10回に1回位の低頻度だったので、「ん?接触か!?」くらいでスルーしていたのですが、だんだん頻度が増し最近は95%位の確率で表示されるように。

走りは全く問題ないので放置でも良かったのですが、急に車が使えなくなると困ってしまうのでディーラーで見てもらうと修理が必要とのことで修理をしてきました。

技術担当の方に本症状の原因等を簡単に聞くことができたので、サクッとまとめてみます。

ホンダ車で同症状が出ている方は読んでみて下さい。


症状が出始めるまでの期間

私は現在「シャトル・ハイブリッド」を所有しています。

2015年10月に新車で購入して約3年半くらい経過しました。

以前サイドミラーの折りたたみができなくなるという不具合があったので、この不具合が2件目です。

原因と対応

さて肝心の原因ですが、技術員の方曰く、

「電気系統」の異常

とのことでした。

エンジンスターター(ボタン)に電気系統が集約されていて、ここに不具合が発生しているようです。

スマートキー点検

対応方法は、このボタンの交換でした。

修理料金は?

今回私がしてもらった修理は、部品と技術料合わせて約15,000円程らしいです。

私は新車購入時に延長保証をつけていたようで、この症状が保証対象に認められた為無料で修理できました。

延長保証をつけるのにいくら払ったか覚えていませんが、こういう時助かりますね!

金額は目安として読んで下さい。

修理をしてインパネからエラーが消えスッキリしました。

スマートキー点検

まとめ

スマートキー点検とか言われると、「キーの電池かな?」と思いがちですよね。

私も最初はそう思ったのですが、つい最近交換したばかりだったので「??」でした。

たしか電池切れの場合は別のエラーが表示されます。

この「Hondaスマートキーシステム点検」は車体側に不具合があるメッセージなので、表示されたらディーラーで点検してもらうことをおすすめします。

まだディーラーで査定しているの?
車を買い替える時の下取りどうせなら高く買ってもらいたいですよね。

ディーラーに任せれば楽ですが、マージンが引かれてしまい高く売ることができません。

でも自分で査定をするのはちょっと大変だな・・・という方に朗報です。

DMM AUTOなら「車体」「メーター」「車検証」の写真をスマホで撮って簡単な質問に答えるだけで査定できちゃいます。

簡単に、少しでも高く車を売りたい方は要チェックです!

関連記事はこちら

人気カテゴリー