【MAZDA】アテンザ2018 試乗レポート〜2.5Lガソリンモデルに乗ってみた

                           

先日近所にあるマツダディーラーを通りかかったところ、ちょっと見慣れないというか若干雰囲気が変わった?と思うアテンザが置いてありました。

正面グリル部分の迫力が増していて、さらに精悍に見えました。

管理人
おや!?マイナーチェンジしたのかな?

と思い、帰宅後ちょっと調べてみると外観の変化よりも、

  • エンジンの刷新
  • サスペンションの変更
  • 新タイヤの開発
  • インパネの質感向上
  • シート形状の見直し

とフルモデルチェンジに近いような変更が入っています。

管理人
これは試乗してみるしかない!

ということで、新型アテンザに乗ってきましたので感想をレポートしたいと思います。

試乗車のグレード

2500ccのガソリンエンジンを搭載した、25S L Packageを試乗しました。

これまで何度かマツダのディーゼル車を試乗してましたが、SkyActivのガソリン車を体験したことがなく、今回は排気量の最も大きい2500ccを試せるということでこちらを選択しました。

エクステリア

アテンザ2018 アテンザ2018 アテンザ2018

グリル部分のデザインが変わりさらに存在感が増しました。

マフラーが少し太めになり、後ろ姿からも迫力を感じます。

フラグシップモデルらしい重厚感がありますね。

ボディーサイズ

アテンザセダン
  • 全長:4865mm
  • 全幅:1840mm
  • 全高:1450mm

やっぱりデカイです。

今回の試乗コースは市街地で割と狭い道が多かったのもあり、何箇所か取り回しの不便さを感じることがありました。

細めのT字路で左折をする際に縁石に乗ってしまうのではないかとヒヤヒヤしました。

インテリア

インパネ

アテンザ2018
アテンザ2018
アテンザ2018

25S LPackageとXD LPackageに標準装備されている、7インチマルチスピードメーター。

スピードメーターがデジタル化し、タコメーターのデザインも変更になりました。

デジタル化されたスピードメータには追従する車が表示されたり、車間距離が狭くなるとオレンジ色で警告をしてくれたりと高機能です。

また、ナビゲーションはディスプレイが8インチとなり視認性がアップしています。

エンジン始動時のインパネ動画

シート

アテンザ2018 アテンザ2018

L Packageは高級感を感じる柔らかいナッパレザーで覆われたインテリアが特徴。

試乗車はその中でも高級感のある、「ピュアホワイト」でした。

座り心地も上々で、腰がしっくりハマる感じ(シートと一体化している気分)がします。

走り

まず最初に加速の滑らかさを強く感じました。

ディーゼルターボのように踏むとドカンと加速するのではなく、ススッとさり気無く加速していく感じ。

自分が意図する加速以上でもなく、以下でもない丁度良い加速感を得ることができました。

次にエンジンの静粛性。

ディーゼルエンジンがいくら静かになったとは言ってもやはり独特の「カラカラ音」はします。

ガソリン車は加速してエンジンが唸っている時でさえ大したノイズなく運転することができました。

エンジン性能
  • 最高出力(140kw<190ps>/6000rpm)
  • 最大トルク(252N・m<25.7kgf・m>/4000rpm)

2500ccはエンジンにこれだけのパワーがあるので、自然とゆとりあるゆったりとした運転ができますね。

乗り心地は?

マツダ車全車種に搭載されている、「Gベクタリングコントロール」の恩恵か揺れの少ない安定感のある乗り心地です。

不快な揺れが本当に少ないんです。

運転をしていてそれが重厚感と良い乗り心地につながっていると思います。

(実際試乗してから自分の車に乗ったらフワフワして安定感がないような感じがしました。)

また、19インチのタイヤを履いているのにもかかわらず、硬さは控えめです。

サスペンションの進化なのか、自転車の空気を入れなおした後くらいの心地良い硬さに感じました。

デザインと乗り心地の両立が実現されています。

安全性能

様々な安全性能が搭載されているのですが、私が良いと思ったものをご紹介します。

フロント・ワイドビュー表示

T字路に進入する時に左右がよく見えない状況、たまにありますよね。

こんな時に威力を発揮する機能です。

ドライバーに見えない部分をフロントに取り付けたカメラがディスプレイに写してくれて道路の状況を確認できる機能になります。

運転席右下にある「VIEW」ボタンを押すだけです。

詳細は以下の動画をどうぞ。

360°ビューモニター

アテンザ2018

車の前後左右に配置されたカメラの映像から周囲の状況(左)と、前後の映像(右)を映し出してくれます。

駐車する際は「R」にシフトチェンジすれば自動でこのような画面に切り替わりアシストをしてくれます。

サイズの大きい車なので重宝する機能だと思います。

まとめ

ここ数年マツダ車のクリーンディーゼルばかり試乗をしていましたが、ガソリンモデルもかなり完成度が高いことがわかりました。

静粛性重視でゆったりとした運転をしたい人はガソリンモデルガンガン遠出して山道谷道走り回りたい人はディーゼルモデルが合っているのではないかと思います。

マツダでは「スカイアクティブX」と呼ばれるガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所をミックスさせたエンジンの開発を行なっている模様です。

どんなエンジンを作ってくるのかすごく楽しみですね。

管理人評価
評価日
評価対象
アテンザ 25S LPackage
評価
51star1star1star1star1star
車の査定まだディーラー任せですか?
車を買い替える時の下取りどうせなら高く買ってもらいたいですよね。

ディーラーに任せれば楽ですが、マージンが引かれてしまうので安めになってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、独自のオークションシステムで高額買取を実現している「カープライス」

申し込みから、簡単な5ステップで車を高値で売ることができます。
少しでも高く車を売りたい方は要チェックです!

関連記事はこちら