【GOSEN】G-TOUR3 インプレッション

これまでYONEXのポリツアーシリーズを好んで張っていましたが、テニス仲間の中に「G-TOUR3」が良い!という人が何人かいたので、どんなストリングがちょっと調べてみました。

開発コンセプト

インパクト時の「感覚」に焦点を当て、良い感覚を追求した結果、「打球感」x「初速」<食いつく打球感と最適なボールの反発性(初速)>でインパクトの信頼性を生む

G-TOUR3 G-TOUR3
管理人
食いつきつつスピードも出るのかぁ、よし!張ってみよう

とメーカーの謳い文句にまんまと踊らされ、張り替えて実際に打ってみたので感想をレポートしたいと思います。


VCORE PRO97に張ったG-TOUR3

G-TOUR3
G-TOUR3

今回は G-TOUR3 17(1.23mm)と中間のゲージを選んでみました。

ちなみにゲージは3種類あって、他に1.18mmと1.28mmがラインナップされています。

この微妙な数値設定がマニア心をくすぐります。

打球感

以前張っていたポリツアーストライクと比較すると、弾きは少し抑えられていて食いつきが強く感じられます。

比較対象はポリの中では反発の強いストリングなので、決して弾きが弱い訳ではありません。

弾きと食いつきのバランスがかなりいい感じです。

打球音は少し高音で(テンションを少し上げたのも関係してると思います)、ボールのスピードが上がっているような気分になれました。

ストローク

ボールを弾きすぎることがなく、ボールをしっかり潰せて好印象でした。

弾道はそこまで上がりませんが、回転はしっかりとかかり、バウンド後に伸びているように感じました。

アグレッシブにハードヒットをするプレーヤーが使えばストリングの良さを活かせるのではないかと思います。

ボレー

ボレーに関しては弾きが弱くなった分狙いよりも少し浅くなってしまうような印象があったのですが、ダブルスでは浅い弾ませないボールのコントロールがし易く実戦で使えるボレーを打つことができました。

厚く当てたブロックボレーを打った時は、ストローク同様しっかり食いついてくれるのでコントロールがしやすいですね。

サービス

私個人的に最も感触が良かったのがサービスです。

アドサイドからのワイドへのサービスが10年前くらいキックするんです。

弾道は今までと同じ軌道でもバウンド後の跳ね(伸び)に大きな違いがありました。

食いつく分しっかり潰せていい回転がかかっているのでしょうか・・・

この日の練習相手にも「いつもよりキックしている」という評価をいただけたので、多分勘違いではありません。

スライスサービス等は違和感なくイメージ通りに打てているので、このキックサーブとの組み合わせができれば、キープ率を上げられるんじゃないかなと思っています。(これは勘違いかも)

SNSでの評価・感想

やっぱり食いつきと反発のバランスが良いという評価が見られます!

まとめ

ボレーに少し違和感を感じましたが、ストリングとテンションに慣れてしまえば十分対応できる範囲のものです。

それに比べサービスの伸びは予想外のもので、かなり気に入ってしまいました。

あとは耐久性ですね。

耐久性についてはしばらく使用してから感想をレポートします。

追記

しばらく使用したので、耐久性についてまとめました。

気になる方はどうぞ。

G-TOUR3

【GOSEN】G-TOUR3 耐久性レポート

レーダーチャート

耐久性まで評価できたので、ストリングの特徴をレーダーチャートで表しました。

最安値の確認はこちら

追加情報!

2019年9月にG-TOUR3の打球感を継承し、スピン性をより追求した「G-SPIN3」が発売されました。

詳細インプレはこちらです。

G-SPIN3

【GOSEN】G-SPIN3 インプレ 【スピン特化モデルの評価は?】

評価
product image
管理人評価
1star1star1star1stargray
5 based on 1 votes
ブランド
GOSEN
製品名称
G-TOUR3
テニスギア診断
5つの質問に答えて、あなたにぴったりのラケットやストリングを診断してみませんか?

何が自分に向いているのかな・・?と迷われている方はサクッと遊んでみて下さい。

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー