【GOSEN】G-SPIN3 インプレ 【スピン特化モデルの評価は?】

2019年9月に新発売された、ゴーセンのNewストリング「G-SPIN3」を早速試してみました!

このストリングは既に発売されている人気の「G-TOUR3」をベースに、断面形状を多角化し、よりスピン性能を追求したモデルです。

G-TOUR3は「弾きと食いつきのバランス」が良く、バウンド後の伸びが出るように感じました。

「これが多角形状化して更に引っ掛かりが良くなるの!?」

とワクワクしながらガッツリ打って参りました。

早速感想をレポートしていきたいと思います。


G-TOUR3ってどんな打球感?

まずは、ベースになっている「G-TOUR3」の打球感/特徴からご紹介します。

冒頭に書いた通り、

  • 弾きはあるが、そこまで強くない
  • しっかり食いついて、掴む感触がある

という特徴があり、バウンド後にボールが伸びたのが印象に残っています。

詳細インプレはこちらです。

G-TOUR3

【GOSEN】G-TOUR3 インプレッション

2018-07-14

張りあがりとテンション

G-SPIN3
G-SPIN3

クリムゾンレッドと呼ばれる色で、若干透明感があります。

黒系ラケットに映えそうですね。

見る角度によっては多角形状であることがわかります。(六角形だとは分からない・・)

テンションは48ポンドで注文。

ストローク

G-SPIN3

まず最初に感じたのは、強い引っ掛かり感。

多角形状特有の「噛む」感覚がしっかり感じられます。

そして、G-TOUR3譲りの「乗る/掴む」感覚も健在。

この2つがコラボして、グッと一瞬乗った後、少し引っかかる感覚を感じながらボールが飛んでいきます。

当たりの厚さによって、「乗り」が強く現れたり、「引っ掛かり」が強くなったりと違いが良く分かりました。

個人的には厚く当てて直線的な弾道で打った方がストリングの良さが活きると思います。

引っ掛かりの良さから自然に回転がかかり、ボールはちゃんと落ちてくれるので。

この魅力的な打球感が味わえるのはあくまで、自分の体勢でしっかりと打点に入って打てた時。

ゲーム中苦しい体勢から弱い当たりになってしまうと、「乗り」が出せずちょっと硬めで飛ばない印象に変わります。

気持ちいいけど楽ではないストリングと感じました。

ボレー

ミドルからハイにかけてのボールで厚めに当てたボレーで威力が出せたと思います。

ストロークでも感じた「乗り」とともに、適度な反発性(弾きすぎない)であるため、飛びすぎを怖がらず当てていけます。

アンダースピンのかかりも良好で、バウンドに滑る弾まないボールを打つことができました。

このアンダースピンに関しては、「G-TOUR3」よりも良い感覚でした。

サービス

G-TOUR3」の時はスピンの跳ねっぷりに感激した記憶があるのですが、今回は「キレ」の良さが印象的でした。

サービスは全てしっかり振れるショットなので、難しさを感じることはなく、スピード感のあるサーブが打て、多角形状効果で回転も良好。

今は戦略的にスライスで変化をつけるサービスを意識しているのですが、引っ掛かりの良さからか、想定よりも大きな変化を出すことができました。

特に相手のボディーに向かって変化するサービスで威力を発揮し、エースにはならないけどポイントにつなげられるサービスを打つことができました。

耐久性とテンション維持性

初回練習後の状態。

G=SPIN3

ノッチはほとんどできていません。

G-SPIN3テンション維持こちらはちょっとロスが大きいような・・・

測定を継続して改めて記事にします。

まとめ

自分からガシガシ振っていき、攻撃的なテニスを展開したい方にオススメできるストリングです。

興味があったら試してみて下さい。

最安値の確認はこちら

評価
product image
管理人評価
1star1star1star1stargray
3.5 based on 7 votes
ブランド
ゴーセン
製品名称
G-SPIN3
ストリング関連で困ったら
  • ガットの種類と打球感が知りたい!
【随時更新】主要メーカーのストリングを徹底比較【インプレあり】
  • 自分のプレーに適したガットを知りたい!!!
【プレースタイル別】おすすめの人気ガットをマッチング
  • ガット張り代を節約したい!!
【ショップ別】ガット張り替え料金比較を徹底比較【キャッシュレス情報あり】

関連記事はこちら

人気カテゴリー