【ポリスター】ターボ インプレッション【125】

日本ではあまりメジャーではない、ちょっとマニアックなストリングメーカー「ポリスターのターボ」を初めて張ってみました。

良く練習してもらうテニス仲間が使用していて、チョイ打ちさせてもらったところ、

✅柔らかめの打球感
✅高い回転性能

がいい感じで、張ってみることにしました。

チョイ打ちだけでは気付けなかった、長所・短所も感じることができたので、使用感をまとめてみたいと思います。


ターボの特徴は?

ポリスターはドイツのストリングメーカーで、

  • クラシック
  • エナジー
  • ターボ

の3種がラインナップされています。

ちょっと前のロシア選手、ダビデンコがエナジーを使用していたのは結構有名ですよね。

エナジーも柔らいことが特徴のストリングのようで、その特徴を生かしたまま、スピン性を向上させるために表面を「ギザギザ」にしたものが「ターボ」になります。

ポリスター ターボ インプレッション
ポリスター ターボ インプレッション

若干角が立っているかなぁ・・・くらいの手触りで、肉眼でギザギザは確認できませんでした。

張り上がりとテンション

ポリスター ターボ インプレッション
ポリスター ターボ インプレッション

若干ピンクがかっていますが、ナチュラルな色合い。

ラケットデザインを選ばないものになっています。

テンションは、

✅縦:47lbs
✅横:45lbs

です。

アプリでの測定結果は🔽

ポリスター ターボ インプレッション

ストローク

ポリエステルとは思えなくらいストリングが撓む感じがあり、非常に柔らかい打球感です。

衝撃が少なく、身体に優しいポリという感じ。

引っかかりも良く、スピンがかなりかかります。

多角形ストリングのような「噛む」感じとはちょっと違って、細かい「とげ」がボールに引っかかる感じ。

例えるなら、スパイダーマンの指みたいな・・(わかりにくいか・・)

ボールが良く乗る分、打球感は少し重めです。

強いスピンをかけようとしてボールの下から入れ過ぎて薄い当たりになってしまうと、ボールが失速します。

それくらい強烈にスピンがかかるので、厚く当ててまっすぐ振っていった方が質の高い球が打てますね。

意識せずとも十分な回転がかかりますし。

ボレー

衝撃の少なさから、ボレーもポリにしては「楽」です。

ターボに張り替える前、ナイロンストリングを張っていて、ボレーの抑えが効かせにくい・・と思っていたんですが、ターボでは飛びすぎることなくアウトを抑えることができました。

スピードSを自分のボレー感覚に合わせるには、これくらいの反発力のストリングが良いみたいです。

サービス

サービスに関しては、ちょっと合わない部分がありまして・・

まず、スライスやスピンといった「回転性」に対しては申し分ありません。

引っかかりの良さから、良い変化を出すことができます。

イマイチ・・だったのが、「ボールを掴みすぎる」感です。

ボールがストリングに乗り過ぎて、思ったよりスピードがのらないんです。

撓み過ぎて反発力が出し切れない感じ。

ポリで柔らかすぎると思ったのは初めてです。

今回は少し緩めに張ったのですが、もう少し硬めに張れば良い反発が出せるかもしれません。

テンション維持性・耐久性は?

ポリスター ターボ 耐久性

初回練習後の緩みっぷり。

まぁ、フツーといった感じです。

今後しばらく使用して、詳細は改めて記事にします。

追記

賞味期限切れまで使ったので、摩耗っぷりや緩みっぷりをまとめました。

ポリスターターボ耐久性・テンション維持性

【ポリスター】ターボ 耐久性・テンション維持性レポート

2020-05-04

評価チャート

打球感・耐久性・反発などを評価したレーダーチャートはこちら。

ポリスター ターボ 評価

まとめ

以上、「ポリスター・ターボ」の評価でした。

  • 柔らかいポリエステルをお探しの方
  • 衝撃の少ないポリエステルをお探しの方
  • エグい回転のかかるストリングをお探しの方
  • ポリエステルに初挑戦したい方

にオススメできるストリングです。

興味があったら試してみて下さい。

評価
product image
管理人評価
1star1star1star1stargray
5 based on 2 votes
ブランド
ポリスター
製品名称
ターボ

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー