【YONEX】ポリツアーレブ インプレ・レビュー [SIF製法は弾きが最高]

2020年11月に発売された、YONEXの最新ストリング「ポリツアーレブ(POLYTOUR REV)」を早速打つことができました。

ポリツアーシリーズは、このポリツアーレブが追加され、合計7種のラインナップとなりました。

ポリツアーレブの大きな特徴として、

  • 8角形断面
  • SIF製法(潤滑性の高いシリコーンオイルをストリング内部に浸透させる技術)

が挙げられます。

8角形断面はポリツアーシリーズ「初」となっていて、SIF製法との相乗効果で高いスピン性が期待できます。

実際に打って感じた特徴を他のストリングとの比較を交えながら、レポートしていきたいと思います。


8角形断面・SIF製法の詳細について

YONEX ポリツアーレブ インプレ

断面を多角形にすることで、インパクト時に「噛む」ような引っかかり感を感じることができます。

パッケージに「BITE」と書いてあることからも、メーカーとして推しポイントなんだと思います。

その引っかかりで強い回転がかかるので、丸いストリングより「落ち」が良く、安定感に繋がります。

私は多角形状ストリングが好きなので、期待大です。

次に「SIF製法」。

上述したように、ストリング内にオイルを浸透させることで、ストリングの滑りを良くする効果があります。

強い「スナップバック」が期待できます。

張り上がりとテンション

YONEX ポリツアーレブ インプレ
YONEX ポリツアーレブ インプレ
YONEX ポリツアーレブ インプレ
YONEX ポリツアーレブ インプレ

結構明るいオレンジで目立ちます。

ビースト98とは相性の良いカラーリングだと思います。

黒とか赤系統のラケットに合うと思います。

テンションは47lbsで注文。

ストローク

YONEX ポリツアーレブ インプレ

最初の印象は、「結構硬め」というものでした。

反発性が高く、球離れが良いのでスピード感のあるボールが飛んでいきます。

「グッ」と乘る感じの重い打球感ではなく、「パス」っと軽めの打球感です。

同じ「SIF製法」を用いているポリツアーファイアも反発性の高さが印象的だったので、「SIF製法=高反発」ということも言えますね。

次に回転性。

予想通り、引っかかりをしっかり感じられ、イメージ通りの回転がかけられて好印象ではあります。。

良い回転はかかりますが、他の多角形状ストリング(ハイパーGキャビア)に比べて特別かかるわけではなく、同じくらい。

ゲーム中この反発性と回転性の相乗効果を感じる場面がありました。

状況的には、深く差し込まれたショットに対し、バギーウィップで回転の効いたやまなりなボールを返し時間を作りたい場面。

反発性の良さからかいつもより深く返すことができ、しぶといプレーに繋げられました。

ボレー

YONEX ポリツアーレブ インプレ

高い反発性は、ボレーをアシストしてくれます。

例えばちょっとオフセンターで捉えてしまった時。

乗りの強いストリングだとボールが飛ばすに、ボテッと浅くなってしまうような当たりでも、それなりなボールが返ってくれます。

ちょっとアンダースピンをかけて滑らせたい時には、8角形の引っかかりが良い仕事をしてくれて、独特の「チェリっ」という音を奏でながら、バウンド後に滑るボールを打つことができました

サービス

サービスも「スピード感」があって打っていて気持ちよかったですね。

他のポリに比べて打球音が高めなので、よりそう感じるのかもしれません。

スライスの曲がり、スピンの跳ねという部分に関しては、他の多角形状と大きく変わらないというのが正直なところ。(十分かかっているけど特筆してかかるわけではないという意味です。)

けれど、スピードは他のストリングより出ている感じで、サービスゲームは積極的に攻めていけました。

耐久性とテンション維持性

2時間の練習を2回した後の計測結果です。

ポリツアーレブテンション維持

細ストリングですが、緩み具合は控えめ。

結構テンション維持性が高そうです。

ポリツアーファイアも維持性が高かったので、SIF製法が影響していると予想します。

ノッチもそれほどできていないので、私にとっては耐久性も大丈夫そう。

詳細はもっと使ってみて、改めてレポートします。

追記

約1ヶ月使用し、耐久性とテンション維持性を評価しました。

詳細はこちらです。

ポリツアーレブ耐久性・テンション維持性

【YONEX】ポリツアーレブ 耐久性・テンション維持性レポート

ポリツアーレブはシリーズの中でどんなポジション?

YONEX ポリツアーレブ インプレ

実際に打ってポリツアーレブは、「反発スピン」という印象でした。

なので、ターゲットは、

このような欲求がある人達。

ポリツアープロのようなマイルドな柔らかさとはちょっと違いましたね、僕的には。

ポリツアーシリーズの詳細な比較はこちらをご覧ください。

YONEX

【YONEX】人気ポリガット ポリツアーシリーズの比較

他メーカーの競合は?

  • 多角形状
  • 反発高め

という特徴がある、ハイパーGが近しい打球感じゃないかと。

回転:ハイパーG >= ポリツアーレブ

反発:ハイパーG < ポリツアーレブ

上記のような感じです。

8角形ストリングといえば、

RPMハリケーン(旧プロハリケーンツアー)やRPMブラストが有名ですね。

どちらも柔らかめで反発性が低めなので、引っかかり感は似てるけど、ボールの重さが結構違ってきます。

楽に飛ばしたいなら、ポリツアーレブの方を推奨します。

ストリング評価チャート

ポリツアーレブ インプレ

SNSでもらった感想

「非常に高性能でまとまっている」は共感できました。

まとめ

以上、新作ストリング「ポリツアーレブ」のインプレでした。

相手のボールの勢いをうまく利用し、反発性を生かしたカウンター系のプレーに良くマッチするストリングだと思います。

反発性がありながら引っかかりも良く、回転性も高いので、安定感を出せます。

興味があったら是非お試し下さい!

最安値の確認はこちら

評価
product image
管理人評価
1star1star1star1stargray
5 based on 2 votes
ブランド
YONEX
製品名称
ポリツアーレブ
テニスギア診断
5つの質問に答えて、あなたにぴったりのラケットやストリングを診断してみませんか?

何が自分に向いているのかな・・?と迷われている方はサクッと遊んでみて下さい。

特集
2020年売れたストリングを独自調査してランキング化しました。

本ブログで人気のストリング・トップ10を発表します!

【2020年】人気ストリング(ガット)ランキング トップ10 [令和のトレンドは?]

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー