【AO】全豪オープン2022 トッププロ使用ラケットまとめ

いよいよ開幕した2022年最初のグランドスラム、オーストラリアンオープン2022。

皆さんご存知の通り、大会4連覇・グランドスラム21勝目を期待されたジョコビッチ選手が直前に出場できないこととなり、第1シードがLL(ラッキルーザー)となる異例の大会となっています。

錦織選手、フェデラー選手、ワウリンカ選手と数年前は優勝候補に上がっていた選手が欠場と時代の流れを感じる大会になっている印象ですが、ナダル選手をはじめとした経験豊富なベテラン選手と若手選手の戦いも楽しみです。

ちょっと視点が変わりますが、2022年となり各選手の使用ギアにもちょっとした変化が!

ニューモデルになったり、機種を変えた選手もいます。

本記事では、注目のトッププロの最新使用ギアを特集していきたいと思います。


ラファエル・ナダル

Embed from Getty Images

 

グランドスラム通算最多21勝目を目指すナダル選手。

今大会は第6シードでの出場ですが、もちろん優勝候補。

ベテランナダルが若手相手にどう戦うのか、戦略にも興味があります。

使用ラケット

2021年に発売された、ナダル自身の冠名がついた「ピュアアエロ ラファ」を使用しています。

ナダル好みの配色を施したオリジナルラケットです。

今大会でもウェアと合っていてかっこいいですねぇ。

ダニール・メドベージェフ

Embed from Getty Images

 

今大会第2シード。

ジョコビッチ不出場ということもあり、優勝候補筆頭のメドベージェフ。

長いリーチを生かし、独特なフォームから直線的な弾道のボールで攻撃するスタイルです。

使用ラケット

プレーを支える武器となっているラケットがテクニファイバーのT-FIGHTシリーズ。

シャフト部が5角形となっている面白い形状で、コントロール性と反発性の両立を図ったラケットです。

管理人

HEADラケットにちかい打感(性格)という印象でした!

アレクサンダー・ズべレフ

Embed from Getty Images

 

2021年、東京オリンピック、ATPツアーファイナルを制した今大会第3シードのズべレフ。

198cmと長身ですが動きが良くかつリーチの長さを活かした安定感のあるストロークが特徴。

もちろんベースラインからエースをとる球威もあります。

まだグランドスラムの優勝がないので、そろそろ獲ってほしいですね。

使用ラケット

そんなズべレフの武器はヘッドのグラビティです。

ティアドロップ型の形状でスイートスポットがラケットの先端寄りにある現代テニス用ラケットです。

ウェア

ヤニック・シナー

Embed from Getty Images

 

今大会第11シードのシナー。

プレーに派手さはないですが、堅実で「強い」プレーをする選手です。

雰囲気がなんかベルディッチに似ているような似てないような・・・

使用ラケット

ヘッドのスピードシリーズを使用しています。

画像の通り今販売されているスピードとは配色が違います。

ということは、、、おそらくそろそろ2022年モデルが登場する予感です。

楽しみですね。

ダニエル太郎

Embed from Getty Images

 

予選を勝ち上がり、本戦1回戦を圧勝したダニエル選手。

海外選手にも見劣りしない体格を持つ日本人で、安定したストロークが持ち味。

使用ラケット

その安定感をささえているのがバボラのピュアドライブです。

攻撃・守備どちらもアシストしてくれる万能ラケットだと思います。

ステファノス・チチパス

Embed from Getty Images

 

今大会第4シードで昨年はベスト4という結果を残しているチチパス。

パワーに頼ったごり押しテニスではなく、クレバーなプレーをする選手。

使用ラケット

そんなチチパスの武器はWILSONのブレードシリーズです。

トッププロの使用率が非常に高い、コントロール性に優れたラケットです。

薄ラケながら回転が掛けやすいという魅力のあるラケットです。

デニス・シャポバロフ

Embed from Getty Images

 

今大会第14シードです。

プレーに華があり、つい応援したくなる選手です。

豪快な片手バックがいいですねぇ。

使用ラケット

今シーズンからラケットが変わっています!

昨シーズンまでは「VCORE」シリーズを使用していましたが、「EZONE」になりました!!

トッププロの中ではそれほど大きいわけではないので、上位プロに対抗できるパワーを求めたチェンジなのかな。。と妄想しています。

まとめ

以上、個人的に注目している選手の使用ラケットを整理してみました。

年が変わり新製品を使うプロが多く、つい欲しくなっちゃいますよねw

プロの洗練されたプレーを見ながら、あのラケットを使えば自分もあんなショットが打てるんじゃないかという妄想をしつつ、世界最高峰のプレーを楽しみましょう!

テニスのLive中継見るなら
テニスをLiveで観戦したい方に向け、「WOWOW」「DAZN」の配信内容とサービス内容を比較しました。

加入を検討している方は目を通してみて下さい。

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー