【やっちゃえ日産】リーフ(LEAF)試乗レポート〜CMの加速は本当だった!

えーちゃんの『“やっちゃえ”NISSAN』が印象深い日産の車を試乗することができました。
車種は日産が力をいれている電気自動車リーフ(LEAF)です。

CMでスポーツカー180SXと加速勝負で勝利するというものがありましたが、実際の加速感はどうなのか?、ガソリンを使用しない走りの感覚、乗り心地、電気だけで実際どれだけ走れるのか?をレポートしたいと思います。


エクステリア

正面からみた顔

リーフ

 

エンブレム部分が充電口となっています。
そのうちカーズ(映画)にでてきてそうなかわいい顔ですね。

全体観

リーフ

後ろから見た図

リーフ

インテリア

インパネ

リーフ
シャトルやプリウスのメータデザインと比較すると若干チープな印象。

電気自動車という近未来的な響きの車なのですから、もう少しこのへんのデザインも拘れば良かったのに…

 

リーフ
シフトも特徴があります。プリウスの突起よりは個人的に好きです。

<関連記事>

 

 

リーフ

 

気になる走りは?

まずは加速力をアピールしたCMをどうぞ

実際の加速感

CMの加速は嘘ではありませんでした!
踏めば『フィーン』というモーター音とともにググッと加速していきます。

エンジンがまわる振動や音がないので静かに加速していきます。新幹線に近い感じですかね。

 

走り全体の感想

車とは思えない静粛性に驚きます。普通の車でエンジンと呼ばれるものがないので、当然といえば当然なんですけどね。

ブレーキは回生ブレーキを主に使用しているそうで、ブレーキ踏み始めの効きが弱い気がします。慣れれば問題ない範囲です。

カーブも安定して曲がれます。
担当の方のご説明によると、400kgにもなる電池が車体中央の床下に配置されている為、低重心となり走りの安定感につながっているとのこと。

イメージ的にもう少しふわふわした走りなのかなぁと想像していたので、ここは意外でした。

見た目よりスポーティーな走りをしてくれます。

電池だけでどれ位走れるのか?

カタログ上フル充電で280kmと記載がありますが、ガソリン車の燃費と同様条件が揃えばということで、実際は230位とのことです。

試乗車は充電率97%でエアコンつけて197kmとの表示でした。

チョイ乗りでは十分ですが、旅行等で遠出するのは厳しそうです。

昔より充電スポットが増えたと説明がありましたが、市街地や高速道路の話で、山道にはスポットはないでしょうから、十分に計算してから臨まないと危ない気がします。

ちょっとストレスですね…

充電時間は?

外出先での急速充電は30分で80%程度充電可能だそうです。

約10分でも50%程度充電できるそうで、外出先では小刻みに充電する方式がベターでしょうか。30分て用がないと結構長いです。

自宅での普通充電はバッテリーの種類により異なりますが、8-10時間程度かかります。

リーフにためた電気を自宅の電気として使える設備もあるそうですが、57万もするそうです。
ちょっと手が出ないかなぁ。

まとめ

普通のオプションをつけて、下取りやお勉強による値引きなしで、約400万…
だいぶ安くなったといっても、まだまだ高い。

まだ主流はハイブリッドと感じます。

ただもっと電気自動車の技術が進歩し、値段が下がり走行距離が伸びれば、新車購入候補にもあがりやすくなるでしょうね。

進歩に期待です。

車の高価買取なら
どんな車でも0円以上の買取保証。
長年乗った車、事故車など他では値段がつかない時に是非使ってみて下さい。 全国100社以上の一括査定が可能な、高価買取システム。
さらに成約すれば楽天ポイントが「1500ポイント」もらえます。

関連記事はこちら

人気カテゴリー