跳ねるスピンサービスのコツ

先日まで肩の痛みでサービスが打てずにいました。

最近痛みが治癒してきて、痛みがなく打てるようになりましたが、感覚が鈍っています。

そこでサービスゲームキープの為の生命線であるスピンサーブについて、自分への備忘を含め記事に起こしたいと思います。


スピンサービスの特徴

  • 山なりな弾道で確率良く入れることができる

縦回転を多くかけるショットな為、ボールが良く落ち確率が高い。

  • 相手から攻め込まれにくい

バウンド後大きく弾む為、球速がなくても攻め込まれにくい。
上記を統合すると確率良く入り攻め込まれにくいサービスとなります。

スピンサービスの注意点

  • 弾道が低くなると相手にぶちこまれる

試合中焦ると陥りがちな症状の一つです。

大きく山なりな弾道で打つ余裕がなくなり、スピンサービスなのに球速を求めると、十分に弾まずだたのチャンスボールになってしまいます。

あとでご紹介する動画に解説がありますが、テニスボールのバウンドは約6割、1mの高さから落としたら、60cmの高さまでしか弾まないということです。

縦回転を多くかけたからといって、弾み率が50%upなんてことは物理的に有り得ません。
なので、ボールを弾ませる=高いところから落とすというのが一番重要です。

  • スイングスピードで球速を調節しない

スピンサーブは山なりな弾道なので、ゆっくりスイングという気持ちだと回転がかかりきらずにサービスライン越えのフォルト病になってしまいます。

スイングスピードは変えずに回転量(ボールへの当たりの厚さ)で調整をした方が腕で調整する項目が減り安定へつながります。

スピンサービスのスイングのコツ動画

<駒田研究員版>

<井本研究員版>

どちらもだいたい同じ解説となっています。

打つ角度やフォームに若干違いがあるので、ご自分に合う方をご参照下さい。
絶対に抑えておきたい重要ポイントは、

打ちたい方向に横向きとなりベースラインと並行にスイングする

ということです。

スピンサービス=下から上へスイングという意識が強くなりすぎるとピンクレディーのUFO的なスイングとなり、以下のような症状が発生しがちです。

参考:UFOの腕の動き

 

  • スイングスピードが上がらずイマイチ回転がかからない
  • 肩への負担が大きくなり負傷リスクが高くなる

肩を大きくあげることは肩への負担となり、インピンジメント症候群の原因となります。
スピンサービスで肩が痛む方はスイングを確認した方が良いかもしれませんよ。

駒田研究員の解説のようなスイングならば、肩への負担が少なく、スイングスピードも上げやすいです。

スピンサーブ(2ndサーブ)に自信が持てれば1stで冒険することができるので、より楽しくサービスゲームが展開できると思います。

サービスキープにつながる効果的な練習方法をこちらにまとめました。
ちょっと意識すれば誰にでもできる効果的な方法だと思います。

→サービスゲームキープ率を劇的に向上させる誰でも簡単にできる練習方法

サービス上達に関するDVDもあります

フルスイング塾による回転系サービスについての解説DVDです。

新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの精度向上には身体のメンテナンスも重要

正しいフォームで打てていても、筋肉が硬くなって関節の動きが悪くなっていると充分なパフォーマンスが発揮できない上、怪我を誘発してしまう恐れがあります。

私自身、メンテナンス後は肩が柔らかくスムーズに回り、サービスの威力が戻ったという経験があります。

ボールが走らない、調子がイマイチ、と感じている時はメンテナンスで改善されるかもしれません。

私は近所の「カラダファクトリー」で施術してもらいました。

細かいカウンセリングがあり、自分の歪みを的確に矯正してくれるのでおすすめです。

【初回割引あり】カラダファクトリーの予約はこちら >>


サービスのサプリメント
私がサービスの改良をしていく中で発見した、使えるテクニックやコツをギュギュっとまとめました。

サービスを改善させたい方は購読してみて下さい。

こちらの記事も読まれてます

人気カテゴリー